開催のご挨拶
関西で唯一の雑貨と販促品の総合見本市「第57回大阪インターナショナル・ギフト・ショー春2017」を3月15日(水)・16日(木)の2日間、地下鉄・京阪電車「天満橋」駅直結の「大阪マーチャンダイズ・マート」にて開催いたします。

今回のテーマは「がんばろう日本“創造と発見”新しい世界の輪」です。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、訪日観光客数は2,000万人を突破し、その勢いはますます加速しています。日本を訪れた訪日観光客が日本の文化やおもてなし、食や自然などに触れる事でそのすばらしさが伝わり、リピーター客が増える事で旅の内容にも変化が生じているようです。有名商品の爆買いではなく、本当に良いものを求め、日本人でもあまり訪れないような地方まで足を延ばす訪日客が増加しているように見受けられます。
今回もそのような訪日観光客をはじめ、日本の消費者にも訴求するような新商品や販売促進につながる商品を集めて開催いたします。

今回は「東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー連動企画」といたしまして、2016年に展開されたプロモーションの中で優れた企画に賞を贈る「日本プロモーション企画コンテスト」及び「リテールプロモーションアワード」の結果発表やサービスロボットの展示を行います。
また、メイド・イン・関西のええもん(良いもの)を集めた「関西e-mon展」や前回初開催で好評を博した「雑貨かわいい食マルシェ」、デザインに特化した商品が人気の「ACTIVE CREATORS STORE」などの企画ゾーンをはじめ、大阪ギフト・ショーで初披露の服飾雑貨やインテリア雑貨、販促品など多様な新商品が集結いたします。とりわけ、今回は食品関連企業の参加が多く充実しております。

全国及び海外から集まるすばらしい“モノ”と“ヒト”を繋ぐ「大阪ギフト・ショー」。
商売発展の一助となる商品を発見に是非お越しください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

株式会社ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀信享
写真1 写真2 写真3

テーマ

がんばろう日本 “創造と発見” 新しい世界の輪
Gift Show
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催国日本は、かつてない2,000万人を越える外国人観光客が大挙して訪日している。そして、世界遺産を見たり、文化、歴史を学んでいる。
また、お土産品などのインバウンド需要の高まりと、日本のモノ作りの技術と品質、斬新なアイデアは、あらためて、世界中の流通バイヤーやメーカー達から注目されている。このオリンピック効果は大きい。
日本経済は、平和のなかで着実に景気回復してきた。しかし、一方では、東日本大震災、熊本地震、台風などの天災による被害も経験してきた。それらに負けず、たくましく経済の復興を続けているのが大和魂である。
今、国境を越えて、グローバリゼーションの中で、世界中から日本の製品を買い付けにギフト・ショーにやってくる。ぜひとも、第57回大阪インターナショナルギフトショー春2017に、ご出展、ご来場ください。新しいビジネスのチャンスを手に入れましょう。

↑このページのトップへ