事務局からのお知らせ
第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016記者会見を行いました。
平成29年1月17日(火) 14:00よりホテルニューオータニ ザ・メイン アーケード階(地下1階)おり鶴 舞の間(東京都千代田区紀尾井町4-1)にて、「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017」及び「ギフト・ショーWEEK」期間中の同時開催展の記者発表会を開催しました。
85人に及ぶ一般誌・専門誌の記者の方々にご参加いただきました。
株式会社ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀信享
■(株)ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀信享
■(株)ビジネスガイド社
事業部 部長 藤波信義
■会場の様子
■会場の様子 ■会場の様子

まず、主催者である株式会社ビジネスガイド社代表取締役社長 芳賀信享の挨拶がありました。続いて事務局スタッフより、各専門見本市の今回のテーマ及び開催のポイント、見どころについて説明がありました。

間近にせまった会期に向けて、記者の方々はメモをとり、真剣に耳を傾けていました。

<ギフト・ショーWEEK 見本市スケジュール>
会 期 名 称 会 場

2月1日(水)〜3日(金)

第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGN

東京ビッグサイト
東1〜3ホール

2月6日(月)〜9日(木) 第1回東京インターナショナルプレミアム
ビューティー・ヘルスショー2017
東京ビッグサイト
全館
2月8日(水)〜10日(金) 第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017
2月8日(水)〜10日(金) 第21回グルメ&ダイニングスタイルショー春2017
2月8日(水)〜10日(金) 第55回インターナショナルプレミアム
・インセンティブショー春2017

Gift Show WEEK Spring 2017 開催によせて

株式会社ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀信享
2017年は、わが社にとって革新の年となります。
2001年2月開催の「第51回東京ギフト・ショー」から西展示棟を使用して以降、現在にいたるまで、東京ビッグサイト全館、アトリウムも含めて常に出展社が入りきらず、会場は常に満杯の状態が続いてきました。「東京ギフト・ショーは、ご出展の皆様により良い商談環境を提供し続ける」、また「バイヤーの方達に美しくて素敵なお店のディスプレイを見せる」という使命から、いよいよ2017年2月、「日本最大から世界最大へ!」をスローガンにレベルアップ。同時開催の見本市と合わせて、開催期間トータル10日間、Gift Show WEEKと称して展開いたします。
2月1日から3日に開催される 第83回東京インターナショナル・ギフト・ショーLIFE×DESIGN を皮切りに、6日から9日は 第1回東京インターナショナルプレミアムビューティー・ヘルスショー が、8日から10日には 第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー第55回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー第21回グルメ&ダイニングスタイルショー と続きます。総展示面積は従来の1.5倍となる12万u、他の追随を許さない展示会へとスケールアップ。延べ30万人の来場が見込まれるなど、出展社様・来場者様双方にとって有意義な見本市として、華々しい成功を収めることができると確信いたしております。
この会場に来れば、全ての新製品が揃います。これは流通関係者にとって大変魅力的なことです。
また、今、日本では訪日外国人観光客が増加しており、2016年は2,400万人を越えました。そして今後も増え続けていくでしょう。そこで、東京ギフト・ショーは、海外からのバイヤーを積極的に誘致しております。日本国内だけではなく、海外バイヤーによる買付を増やし、「アジアにおける最大で最高の仕入れの場は、東京ギフト・ショーである」と世界中の流通関係者に認知させてまいります。
2017年2月Gift Show WEEK開催を機に、2017年9月、2018年2月・9月、2019年2月・9月、2020年2月、そして9月と、東京オリンピック・パラリンピック以降もずっと安定した商談環境をご出展・ご来場の皆様に提供する努力を続けてまいります。
そして皆様と共に発展し続けていきます。引き続き、皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

TOTAL
総展示面積:123,110u
出展社数:3,755社(1月16日現在)
来場者数:30万人のバイヤーが10日間毎日来場することを目標とする

第83回東京インターナショナル・ギフト・ショーLIFE×DESIGN
>>詳細はこちら

2017年2月、国内最大の見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー」は、今までにない全く新しいコンセプトで「暮らし・デザイン・新時代」をテーマに「LIFE×DESIGN」を初開催いたします。
「LIFE×DESIGN」は、暮らし方から住まいをデザインする。洋服を着替えるように住まいをコーディネートする不動産、建築、施工、インテリア、雑貨、家電、伝統工芸、素材にアート&クラフト・・・など住まいのエレメントが一堂に会する展示会です。
昨今、中古住宅を購入して、それをリノベーションして暮らすという方が非常に多くなっており、住居をリノベーションすると、家具やインテリア雑貨、その人の嗜好に合った様々なモノが動きます。リノベーションを切り口に、出展企業の皆様の素晴らしい商材を新たな市場へ発表し、今までのギフト・ショーにはなかった、新たなビジネスチャンスを創出したいと考えました。
「LIFE×DESIGN」は、最新のデザイン雑貨と現代的なクラフトアイテムに出会う「ACTIVE DESIGN & CRAFT FAIR」、才能あふれるクリエイターと感度の高いバイヤーのためのビジネスの場「ACTIVE CREATORS」、伝統の技や工場発の技術が光る、こだわりが凝縮された日本ブランドが集う「NIPPON BRAND FAIR」、日本のモノづくりを支える素材の持つ可能性を広げ、素材そのものをビジネスにつなげる「SOZAI展」、住まいを自分流にコーディネートするためのリノベーション情報が満載の「RENOVATION ZONE」、様々なライフスタイルシーンを彩るハイデザインなインテリアが集合する「LIFE STYLINGS」の6つのエリアで構成されます。
さらに初開催となる今回は、特別展示・出展ブースも充実しております。
こだわりのライフスタイルを体験できるカフェテリア「リノベテリア」、アナログを一変させるIoTで、未来の暮らしをリ・デザインする「IoT×LIFE Session Powered by ASCII」、革新的なアイデアを持った建築家、インテリアデザイナーのための新しい商談会「ACTIVE REVOVATORS」では、あらゆるジャンルの店舗オーナーや、これから雑貨SHOPを開業しようと考えているバイヤーが数多く来場する当会場にて、次世代型店舗を設計・デザインできるアイデアを持った建築家やインテリアデザイナーのためのビジネスの場を創出いたします。また、グラマラスなキャンピングスタイルとして、アウトドア業界のみならず、ファッションやホテル業界からも注目されている「グランピング」をLIFE×DESIGNならではの、コラボレーションと空間演出で提案する「グランピング in Gift Show LIFE×DESIGN」、日本の暮らしのワンシーンとなるまでに成長し、今やバレンタインよりも大きな市場として注目を集める「ハロウィン」。従来のコスチューム・パーティーグッズのみならず、LIFE×DESIGNならではの「ライフスタイル」「デザイン」の切り口で、新たな「ハロウィンスタイル」を皆様に提案する「Halloween Goods Zone」など見どころ満載です。
暮らし方からデザインすることで、日本人の住まいやものづくりに関する価値観を高め、誰しもが憧れる、快適で豊かなライフスタイルを提案し、ご出展・ご来場いただく皆様のビジネスが、より発展していくマーケットを創出してまいります。
皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

第1回東京インターナショナルプレミアムビューティー・ヘルスショー
>>詳細はこちらへ

国内最大の生活雑貨とパーソナルギフトの国際見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー」を主催する(株)ビジネスガイド社は、2017年2月6日(月)から9日(木)までの4日間、Gift Show WEEK Spring2017において、美と健康をテーマにした、プロフェッショナルのための総合見本市「第1回東京インターナショナルプレミアムビューティー・ヘルスショー(PBHS)」を初開催いたします。
会場は、すでにオープンしている東京ビッグサイト東7ホールを使用。当見本市は、ビューティー業界におけるサロンオーナー・マネージャーに新しい技術・教育・情報・経営支援策を提供すること、美容業界・健康産業界において、市場開拓・販路拡大・新規参入のためのビジネス交流を推進させることを目的としております。
一般社団法人日本全身美容協会、一般社団法人日本化粧品検定協会、一般社団法人アジアビューティアカデミー他、数多くの関連協会様、企業様のご支援の下、出展社数55社で華やかに開催いたします。出展カテゴリーは、リテール(サンプル販売)エリアとビジネス(情報提供)エリアに分かれております。
単独開催となる、2月6日(月)と7日(火)の2日間については、ヘアサロンを中心に多くの来場者を見込んでおります。
特に美容サロンのカリスマ経営者集団「アジアビューティアカデミー(ABA)」を誘致し、会場内の特設ステージにて、2日間で計4回のヘアショーを披露いたします。後半の2月8日(水)と9日(木)は、東京ギフト・ショーと同時開催となる利点を存分に活かし、従来の美容・健康流通バイヤーのみならず、雑貨や食品流通バイヤーとの商談を促進し、積極的にマーケットの拡大に努めます。
是非、ビジネスガイド社の新たなチャレンジ「東京インターナショナルプレミアムビューティー・ヘルスショー」にご期待ください。

第55回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー
>>詳細はこちらへ

今回2017年2月、いよいよ販売促進マーケットの国際的な専門見本市「第55回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2017」を東京ギフト・ショーと同時開催いたします。
会場は、東京ビッグサイト 西3・4ホールとなります。
今回は「ITを活用したプロモーションミックスが成功の秘訣」をテーマに掲げ、多彩なSP企画や豊富なSPツール、最先端の印刷技術、ITを活用したSP、多くのPOP関連商材など、最新のSP関連商材を発信していきます。
また今回は、「新しい世界へ!サービスロボットによる市場革新!」と題した特別企画展示「ロボットワールドEXPO」を展開いたします。こちらも合わせてご覧ください。その他にも著名講師をお招きし、専門セミナーや特別講演、スタートアップセミナーなども行われます。
販促業界を牽引してきた当展示会だからこそできる様々な施策を会場で展開する予定です。
プレミアム・インセンティブショーの進化にどうぞご期待ください。

第21回グルメ&ダイニングスタイルショー
>>詳細はこちらへ

今回で21回目を数えますこのグルメ&ダイニングスタイルショーは「地方創生、日本のローカルフードが熱い。」をテーマに開催いたします。
ご存知の通り、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を目前に、2016年訪日外客数も既に2,400万人を突破するなど、世界から多くの観光客が訪れております。これは平和で友好的な国際都市としての世界からの評価、日本の文化様式や魅力溢れる地域資源への関心の高さの表れでもあり、今後もますます注目を集めることは間違いないでしょう。
今開催においては、テーマの通り、日本各地のプレミアムフード、ライフスタイル志向のモノづくり、豊かな観光資源など、地域の魅力を結集した 「ニッポンいいもの再発見!コーナー」(全国商工会連合会主催)、「feel NIPPON春2017」(日本商工会議所主催)を中心に、過去最大規模282社の出展社による、文字通りローカルフードの競演の場となります。
“地方創生”を合言葉に、おいしさや健康はもちろん、「人や技」 「歴史・背景」 「自然の恵み」といった、ストーリー溢れる、ここにしかないオンリーワンの地域ブランドが大集合しました。
また、前回より好評をいただいております、 “農業をデザインする。現れる未来。” 「AGRI×DESIGN×FOOD EXHIBITION」も更にパワーアップしての開催となります。
グローバル化、成熟・細分化・ライフスタイル化する市場に対応した新たな地域ブランドが、きっとその良さや新しい発見を伝える、見どころ満載の開催となります。是非ご注目ください。

第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017

>>詳細はこちらへ

2017年2月8日(水)〜10日(金)開催の「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017」については、前週開催のLIFE×DESIGNの影響もあるかと思いますが、インテリア雑貨関連出展の伸びが顕著です。インテリア雑貨の出展社が集う、「ホームファニシング&デコラティブフェア」が前年比127%に拡大(550小間→700小間)し、当初は予定していなかった、東8ホールも使用し、規模を大幅に拡大して開催する運びとなっております。東4〜6ホールは日々の暮らしを演出するインテリア雑貨を中心に、東8ホールは、「SENSE&DESIGN」をテーマに、よりクリエイティブなインテリア雑貨が集まるコンセプトゾーンとして、ご来場の皆様にそれぞれの魅力をご提案いたします。
また、毎日をHAPPY!にするおしゃれ雑貨や生活雑貨でトータルライフスタイルを発信する、西展示棟1階では、特に「おしゃれ雑貨&レザーグッズフェア」が前年比121%に拡大(264小間→322小間)。2月の東京ギフト・ショーでは、6月の梅雨シーズン到来を控え、傘などのレイングッズを扱う企業が多いのが特徴。また、ファッションをキーワードにしたフロアのため色鮮やかな春夏商品やその年の初商品が多くお披露目され、華やかな様相を呈します。全体では、バッグ・靴・レッグウェアなどバラエティに富み、各社デザイン性や商品のクオリティも年々高くなっています。
従来、ギフト・ショーの中でも、最も賑やかで、誰もがワクワクするファンシー雑貨が集まる東1〜3ホールでは、「ヤングファッション&キッズスタッフフェア」が前年比125%に拡大(400→500小間)。キャラクターやプロパティ関連と、あらゆるファンシー雑貨が勢揃いいたします。
さらに、クリスマス&ブライダル・記念日フェア、スポーツ&プレインググッズフェアが例年の200%に拡大していることにも注目です。

第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017に13の国と地域から、
海外企業276社が出展!

第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー(TIGS)には、13の国と地域から276社の海外直接出展がございます、加えて国内代理店出展による世界各国からの輸入品も勢揃いです。
世界第3位の経済大国であり、さらに2020年の東京オリンピックを控え注目が集まっている日本市場を目指す各出展社が情熱を傾けた商品ラインアップです。 現地で流行のものから古き良き伝統を引き継ぐものまで、日本市場のトレンドに合わせて改良を加えた逸品が揃います。 
日本初上陸商品の発見を狙う商社の皆様、輸入代理店を通じての海外製品の仕入を検討中のバイヤーの皆様、必見です。

[海外の出展社一覧]
イタリア:2社、オーストラリア:3社、カナダ:2社、韓国:46社、タイ:1社、台湾:23社、中国:184社、ドイツ:1社、ネパール1社、バングラディシュ:1社、米国:4社、香港:7社、リトアニア:1社(平成29年1月16日付)


第83回東京ギフト・ショーでは、出展社を対象に下記のコンテストを行います。

● 新製品コンテスト(東2ホール奥)
● 輸入品人気コンテスト(東6ホール入口)
● 女性のハートをキャッチするギフトグッズコンテスト(西アトリウム)
● キッチン&ダイニンググッズコンテスト(東3ホール/グルメ&ダイニングスタイルショー内)


リンベルラッピング大賞 〜カタログギフトラッピングコンテスト〜(東1ホール)
今回、東京ギフト・ショー「リンベル ブース(東1-T02-28)」内において、
「リンベルラッピング大賞 〜カタログギフトラッピングコンテスト〜」の受賞作品発表と授賞式が行われます。

●概要
ブライダル、出産をテーマにラッピング作品を公募
作品募集期間を約2か月ほど設け、大賞1名、優秀賞2名、佳作10名を選出。
優秀作品はリンベルのオリジナルギフトラッピングとして登用
2月8日(水) 13:00〜14:00 授賞式
場所:東京ギフト・ショー リンベルブース(東1-T02-28内)


●審査員
審査員長:西川りゅうじん氏
デザイナー&東北芸術工科大学教授:中山ダイスケ氏
株式会社ビジネス・ガイド社 会長:芳賀久枝
株式会社セレクト 代表取締役:寺田一生氏
一般社団法人全日本ギフト用品協会 会長:板川信夫氏
リンベル株式会社 代表取締役社長:東海林秀典氏
<開催概要>
洋服を着替えるように、住まいを自分流にコーディネイト
『第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE × DESIGN』
>>詳細はこちら
>>招待状のご請求はこちら
  日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
『第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017』
>>詳細はこちらへ
>>招待状のご請求はこちら
食卓を切り口に、新しいマーケットとライフスタイル・食文化を創造する見本市
『第21回グルメ&ダイニングスタイルショー春2017』
>>詳細はこちらへ
>>招待状のご請求はこちら
  日本最大!販促マーケットの国際的な専門見本市
『第55回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2017』
>>詳細はこちらへ
>>招待状のご請求はこちら
国際的な美と健康のトレードショー、誕生
『第1回東京インターナショナルプレミアムビューティー・ヘルスショー2017』
>>詳細はこちらへ
   
【お問合せ先】
(株)ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
〒111-0034/東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
TEL:03-3843-9854(代) 03-3843-9851(直) FAX:03-3843-9850
E-MAIL:n-haga@giftshow.co.jp


この画面を閉じる