ホームへ
開催のご挨拶

日本最大から世界最大へ! GiftShow WEEK秋2017

2017年は、わが社にとって革新の年となります。
2001年2月開催の「第51回東京ギフト・ショー」から西展示棟を使用して以降、現在にいたるまで、東京ビッグサイト全館、アトリウムも含めて常に出展社が入りきらず、会場は常に満杯の状態が続いてきました。「東京ギフト・ショーは、ご出展の皆様により良い商談環境を提供し続ける」、また「バイヤーの方達に美しくて素敵なお店のディスプレイを見せる」という使命から、2017年2月、「日本最大から世界最大へ!」をスローガンにレベルアップ。2017年秋は、同時開催の見本市と合わせて、2週に亘り、Gift Show WEEK秋2017と称して展開いたします。
8月30日から9月2日に開催される「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショーLIFE×DESIGN」を皮切りに、9月6日から8日は「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー」と「第56回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー」、「第22回グルメ&ダイニングスタイルショー」と続きます。総展示面積は従来の1.2倍となる10,5万㎡、他の追随を許さない展示会へとスケールアップ。延べ30万人の来場が見込まれるなど、出展社様・来場者様双方にとって有意義な見本市として、華々しい成功を収めることができると確信いたしております。

この会場に来れば、全ての新製品が揃います。これは流通関係者にとって大変魅力的なことです。
また、今、日本では訪日外国人観光客が増加しており、2016年は2,400万人を越えました。そして今後も増え続けていくでしょう。そこで、東京ギフト・ショーは、海外からのバイヤーを積極的に誘致しております。日本国内だけではなく、海外バイヤーによる買付を増やし、「アジアにおける最大で最高の仕入れの場は、東京ギフト・ショーである」と世界中の流通関係者に認知させてまいります。

2017年9月Gift Show WEEK秋2017開催を機に、2018年2月・9月、2019年2月・9月、2020年2月、そして9月と、東京オリンピック・パラリンピック以降もずっと安定した商談環境をご出展・ご来場の皆様に提供する努力を続けてまいります。
そして皆様と共に発展し続けていきます。引き続き、皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。



テーマ

『愛情』『友情』『恋愛』人と人との心を優しくつなぐこころのGIFTとは

IT社会の到来で、PC・プログラム・スマートフォンアプリなど通信・情報技術の進化は著しい。そして、AI・IoT・ロボットなどが生活の中で役立つ。対話型のロボットや家電まである。だが、大切な何か大事なモノを置き忘れている。
それは人と人とのつながり、心のネットワークの構築だ。
人は協力し合って共に生きる集団的な暮らし方を便利さの中で忘れがちである。
人と人とのつながりをつけるギフトは、贈り手が受け手の喜ぶ気持ちや笑顔を思い浮かべながらひと手間をかけて作ったもの。例えば、手書きの手紙を添えたり、自分の足で探し回って発見した見たこともない贈り物を贈る。
『心』がつなぐ宝物ギフト。


出展資料のご請求はこちらをクリック!!