事務局からのお知らせ
日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017」、食卓を切り口に、新しいマーケットとライフスタイル・食文化を創造する見本市「第22回グルメ&ダイニングスタイルショー秋2017」、販促・マーケティングの国際的な専門見本市「第56回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2017」、プロフェッショナルのための美と健康のトレードショー「第2回プレミアムビューティー・ヘルスショー2017」の合同開会式が、2017年9月6日(水)午前9時15分から東京ビッグサイトエントランスホールで行なわれ、華やかに開幕致しました。
開会式では、各見本市のご来賓、出展社の皆様に御列席いただき、テープカットが行われ、盛大な幕開けとなりました。

開会式では主催者代表として、
(株)ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀 信享から挨拶がありました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
来賓祝辞として、
経済産業省 商務・サービスグループ クールジャパン政策課 課長 清水 幹治 様から祝辞をいただきました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
出展社代表挨拶として、
株式会社生活の木 代表取締役社長 重永 忠 様からお言葉をいただきました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
出展社代表挨拶として、
松川産業株式会社 代表取締役 松川 哲也 様からお言葉をいただきました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
開会式レポートはこちら
東京ギフト・ショー受付の様子
お名刺をお忘れなくご来場ください
ファッションエリアは西1Fから
東展示棟7・8ホールへ移動しました
ギフト・ショーWEEK取材
東京ギフト・ショー
【ホームファニシング&デコラティブフェア】(東4ホール)
日本の優れた商品を世界に発信!
独立行政法人中小企業基盤整備機構の「NIPPON QUALITY」は、日本品質による“世界のライフスタイルをもっと豊かに”をテーマに、“受け継ぐ伝統”、“職人の情熱”、“素材のぬくもり”を、世界に向けてアピールしている。日本が誇る品質や伝統技術に、現代のデザインやコンセプト、機能を取り入れたインテリア雑貨、テーブルウェア、キッチン用品など、全部で32社、70種類以上の逸品を全国から集めた。その製品の一つ一つに、“世界のライフスタイルに寄り添うような逸品”をという、出展社たちの思いが込められている。
販路支援による中小企業の支援。今回の出展は、特に海外に向けたプロジェクト。「ギフト・ショー」は海外からのバイヤーの来場が多い展示会ということから参加。企業として海外に出て行こうという意欲を持っていて、なおかつ、海外にPRできるような仕様、デザイン商品をもっている企業をチョイスしている。
既に海外進出を果たしているところもあるが、全く初めてというところには、中小機構の専門家による商売のための貿易の基本アドバイスを受けることもできる。
個々の企業が個別に努力することよりも、グループとしてトータルに、ブランドイメージを訴求することを狙っている。
出展社名:“NIPPON QUALITY”中小機構
ブースNO:東4SME-01〜32
TEL:03-5470-1529 / URL:http://www.smrj.go.jp
東京ギフト・ショー
【SPORTS IN LIFE】(東8ホール)
3つのカジュアルブランドを展開
カジュアル/スポーツをキーワードにしたアパレルカンパニー。常に時代の一歩先を見据えて、新しいライフスタイルを提案している。今回は3つのブランドに絞って提案。
■マーク・ゴンザレス
カリフォルニア州ロサンゼルス出身のアーティストで詩人。色彩豊かな子供の絵のような手法は、コミカルであると同時に、深い洞察力に満ちている。彼の絵をモチーフとしたカジュアルウェア。ミドルゾーンの価格帯のものが好調。また、かわいい絵が多いことが差別化のポイントとなっている。オーバーサイズで着こなすことも多いので、メンズのものを女性が着こなすことも多い。
■Goodwear
1920年来の歴史があるブランドで、古き良き時代の“タフなモノ作り”を踏襲し、時代に左右されない普遍的なファッションをコンセプトに、より良い素材・デザインを追求して作られた衣料を提供し続けている。無地でシンプルなTシャツが好評。
■ESPACE VERT
フランス語で線(VERT)の空間(ESPACE)という意味があるESPACE VERT(エスパスヴェール)は、オーガニックや自然素材、再生素材などを取り入れ、地球環境や自然保護を考えながらエコウェア作りを行っているハウスブランド。
従来出展していたストリートファッションの合同展に比べ、この「ギフト・ショー」においては異業界の方々の来場を期待している。
出展社名:MARK GONZALES ESPACE VERT Goodwear
ブースNO:東8-SL-13
TEL:03-5728-5858 / URL:http://www.haward.co.jp
東京ギフト・ショー
【STYLISH文具フェア】(東1ホール)
ベルリンからユニークなデザイングッズ
ドイツのデザイナーや企業が手掛けた製品を取り扱うドイツデザイン専門ショップ。洗練されたセンスをもつ日本の生活者でも満足できるような、高品質で革新的な製品を取り扱う。従来、ネットショップの販売をメインにしてきたが、今後の卸売りを含めた販路拡大を狙い、「ギフト・ショー」に出展する。
デザイナーと直接コンタクトを取り合うことで緊密な協力関係を築き上げ、最新かつ最高の商品をスピーディーに提供できるように心がけている。
有名企業の商品のみならず、若手の革新的デザイナーのものを手掛け、環境にも優しく、丈夫で永く愛用できる製品を厳選している。
今回の「ギフト・ショー」では、ヨハン・ポトマとマデオ・デニーンの両氏の手掛けるユニークな絵画群をモチーフにしたアートグッズと、「フォーマス・ベルリン」というベルリンのデザインレーベルが開発した最新レーザー技術を使った木製のポストカードを出品している。どちらもユニークでクリエイティブ。会場で大いに話題を集めるだろう。
出展社名:ヒューレン・ベルリン
ブースNO:東1-T09-21
TEL:070-4466-0126 / URL:http://www.hueren-berlin.jp
グルメ&ダイニングスタイルショー
初開催!「オールおおいたこだわりの逸品展」
違いのわかる人々を狙うマーケティング(東3ホール)
大分の地域産品は、優れているが、まだまだ全国区では流通していないことが多い。実力はあるが、知名度の高くない小規模事業者の支援を行う。
技術的によいものを持っているが、流通の整備が十分ではなく、売るという“出口”を持っていない方々をサポートすることを目的に参加。加工食品全般と、食にまつわる工芸品に関し「グルメ&ダイニングスタイルショー」の趣旨に合う、品質の高いものを選んでいる。
地場だけの販売では、閉塞感を感じ、全国区の展開を希望しているところ、事業の継承を進めているところも多く、また生産者の世代交換も進んでいる。ゆえに、このような機会に積極的にチャレンジする事業者も多い。
大分県産は素材の良さと、生産者の“正直さ”が特徴。今回は30社参加。
商品的には、素材が良いだけに原価が高くなるため、富裕層の多い都市圏を狙っていくことが、戦略的にも重要なようだ。
出展社名:大分県商工会連合会
ブースNO:東3-T28-27
TEL:097-534-9507
プレミアム・インセンティブショー
【食品SPエリア】(西4ホール)
最小ロット36個から
オリジナルカップ麺作ります
オリジナルカップ麺「Myカップめん」をプロデュースする渡辺製麺は、ラーメン専門店「一風堂」を運営する力の源グループの一員である。オリジナルカップ麺は紙製のラベル部に印刷を施す方式なので、最小ロット36個から対応できる。小ロット対応可能なので企業の他、結婚式など個人での利用にも対応できる。
特徴は信州の「凍り蕎麦」をヒントに茹で麺を約6日間かけて冷凍、特許技術で乾燥する特別な製法で仕上げている事。ノンフライ麺はお湯をかけると茹でたての生麺のようなプリッとした食感を楽しめる。味はみそ、しお、しょうゆ、とんこつ、蕎麦の5種類。

3年ほど前からオリジナル対応を行っているが、法人ではイベントや周年記念、中元歳暮などに利用実績があり1000個前後がよく出る。個人の場合はブライダルが多く、最小ロットでの利用が多いという。同社では簡単にオリジナルラベルが制作できるテンプレートを用意しており、個人利用者も気軽に依頼できる体制を整えている。
今回の出展では来場者に直接商品の案内をする他、ノベルティを探している広告代理店にもアピールする考えである。会場では希望者に試食を提供するとの事なので、是非本格派カップ麺の味をご賞味いただきたい。
出展社名:渡辺製麺
ブースNO:西4-T05-07
TEL:03-6264-0098 / URL:http://www.watanabeseimen.co.jp/
■ 第3回リテールプロモーションアワード 表彰式&受賞者プレゼンテーション(西4ホール)
●日時: 2017年 9月 7日(木)14:00〜15:30
●場所: 東京ビッグサイト 西4ホール内
会場内特設ステージ
会場内の特設ステージにて『リテールプロモーションアワード』の表彰式と受賞者によるプレゼンテーションを行います。企画成功事例“担当者”の生の声が聞ける貴重な機会です!お見逃しなく!
【お問合せ先】
(株)ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
〒111-0034 東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
TEL:03-3843-9854(代) 03-3843-9851(直) FAX:03-3843-9850
E-MAIL:n-haga@giftshow.co.jp
この画面を閉じる