事務局からのお知らせ

 第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGN
 東京ビッグサイト東1ホール受付前で開会式が盛大に行われました。
2017年2月1日(水)午前9時30分から東京ビッグサイト東1ホール受付前にて「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGN」の開会式が行なわれ、華やかに開幕致しました。

開会式では、下記のギフト・ショーの、ご来賓ならびに業界をリードする出展社の皆様に御出席いただき、テープカットが行われ、盛大な幕開けとなりました。
開会式の様子
来賓祝辞
経済産業省 商務情報政策局 生活文化創造産業課
観光・集客産業戦略調整官
磐淵 幸雄 様
出展社代表挨拶
株式会社坂本乙造商店
代表取締役社長 坂本 朝夫 様
主催者挨拶
株式会社ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀信享
ご来場の際はお名刺をお忘れなく!
受付の様子
ムービーを見る!

― 式次第 ― (順不同)
■ 来賓祝辞
経済産業省 商務情報政策局 生活文化創造産業課 観光・集客産業戦略調整官 磐淵 幸雄 様
■ 来賓
タイ国大使館 商務参事官事務所 商務公使 ナッティヤー・スチンダー 様
香港貿易発展局 東京事務所長 ジョイス・チャン 様
独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO) ものづくり産業部長 稲葉 公彦 様
一般財団法人対日貿易投資交流促進協会(ミプロ) 理事長 樋口 勉 様
日本小売業協会 専務理事 高野 秀夫 様
一般社団法人日本専門店協会 専務理事 元松 明彦 様
公益社団法人日本クラフトデザイン協会 理事長 岡本 昌子 様
公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 理事長 田中 一雄 様
公益社団法人日本インテリアデザイナー協会 理事長 池田 和修 様
一般社団法人日本テキスタイルデザイン協会 理事長 今野 文雄 様
一般社団法人日本住宅リフォーム産業協会 会長 中山 信義 様
伊藤忠ファッションシステム株式会社 代表取締役社長 石井 和則様
株式会社エトワール海渡 取締役 兼 執行役員 石川 俊一 様
株式会社大丸松坂屋百貨店 経営企画室 久田 明生 様
株式会社東急ハンズ 執行役員 営業統括本部長 瀧口 秀之 様
ライフスタイルプロデューサー   北河原 純也 様
喜多俊之デザイン事務所   喜多 俊之 様
■ 出展社代表挨拶
株式会社坂本乙造商店 代表取締役社長 坂本 朝夫 様
■ 出展社代表
株式会社アールシーコア 取締役 山田 浩 様
有限会社セメントプロデュースデザイン 代表取締役社長 金谷 勉 様
■ 主催者挨拶・開会宣言
株式会社ビジネスガイド社 会長 芳賀 久枝
株式会社ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀 信享
■ テープカト式
(順不同)
ムービーを見る!
開会式では主催者代表として、
(株)ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀信享から挨拶がありました。

皆さま、おはようございます。いよいよ、本日2月1日から10日までの10日間、ここ、東京ビッグサイトにおいて、「東京インターナショナル・ギフト・ショーWEEK」を開催いたします。

まずは、日本最大のトレードショーであるギフト・ショーの主催者として、開催にあたり、一言ご挨拶申し上げます。
出展社様、来場者様および、ご後援、ご賛同を賜りました官公庁や各団体の皆様と、ギフト・ショー運営にご協力を賜りました、皆様のご支援、ご尽力により、第83回東京インターナショナル・ギフト・ショーは、「がんばろう日本“創造と発見”新しい世界の輪」をテーマに、国内出展社数は2321社、海外出展社は、イタリア、オーストラリア、カナダ、韓国、タイ、台湾、中国、ドイツ、ネパール、バングラデシュ、米国、香港、リトアニアなど13の国と地域から276社で、合計2597社が出展。ギフト・ショーWEEK全体では、出展社数3755社、過去最大規模の12万3110uで開催致します。この場をお借りして、心より感謝申し上げます。

さて、2017年は、ギフト・ショーにとって非常に大事な飛躍の年となります。
2001年2月開催の「第51回東京ギフト・ショー」から西展示棟を使用して以降、現在に至るまで、東京ビッグサイト全館、アトリウムも含めて毎回、出展社が入りきらず、会場は常に満杯の状態が続き、ご迷惑をおかけしておりました。「東京ギフト・ショーは、ご出展の皆様により良い商談環境を提供し続ける」、また「バイヤーの皆様に、美しくて素敵なお店のディスプレイを見せる」という使命から、いよいよ2017年2月、「日本最大から世界最大へ!」をスローガンにレベルアップ。同時開催の見本市と合わせて、開催期間トータル10日間、ギフト・ショー WEEKを展開いたします。
本日、こうして多くのお客様をお迎えして、「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGN」は、ギフト・ショーWEEK 第一週となる、2月1日(水)〜3日(金)まで、東展示棟1〜3ホールでの開催を皮切りに、6日(月)〜9日(木)は、「第1回東京インターナショナルプレミアムビューティー・ヘルスショー」を東7ホールにて開催、8日(水)〜10日(金)にはギフト・ショーWEEK第二週として、東1ホール〜8ホール、西1ホール〜2ホール、アトリウムを使用し、「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー」を、西3ホール〜4ホールでは、「第55回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー」、東3ホールでは、「第21回グルメ&ダイニングスタイルショー」を開催致します。総展示面積は従来の1.5倍となる12万3110u、他の追随を許さない展示会へとスケールアップ。延べ30万人の来場が見込まれるなど、出展社様・来場者様双方にとって有意義な見本市として、華々しい成功を収めることができると確信しております。
なお、本日より開催される、東京インターナショナル・ギフト・ショー LIFE×DSIGNは、初開催にも関わらず591社を集め盛大に開催いたします。海外からは、イギリス、カナダ、韓国、タイ、台湾、デンマーク、香港など7つの国と地域から49社が出展します。

今回の開催テーマは「暮らし・デザイン・新時代 〜洋服を着替えるように、住まいを自分流にコーディネート〜」です。私たちは、暮らし方から住まいをデザインすることを考えました。生活雑貨、家具、照明、ファブリック、アート、ファッションなどのお気に入りの商品を設計、建築などのリノベーションで演出する、日常の暮らしを快適にするヒント。今ある暮らしをより快適に楽しくアップデートするようなアイデアが、このギフト・ショー LIFE×DESIGNには、溢れています。
ACTIVE DESIGN & CRAFT FAIR、ACTIVE CREATORS、NIPPON BRAND FAIR、SOZAI展、RENOVATION ZONE、LIFE STYLINGSと6つのカテゴリーは、デザインや伝統的な職人の技術、素材、空き家や中古住宅をリノベーションして、暮らし方から住まいをドレスアップするなど、新たな流通の可能性をを提案します。
ここで、今回の開催の中から特に注目すべき3つのイベントをご紹介させて頂きます。
1つ目は、「グランピング in Gift Show LIFE×DESIGN」と題した、アウトドアリビングの提案です。グラマラスなキャンピングスタイルとして、アウトドア業界のみならずファッションやホテルなど、様々な業界が注目している“グランピング”を、ギフト・ショーLIFE×DESIGNならではの空間演出で提案します。4mにもおよぶオリーブの木を会場内に展示し、キャンプで使える、持ち運び便利なバーベキューコンロから、テーブルウェア、一枚物の銘木のテーブルまで、幅広い商材を、“グランピング”というテーマのもと創られた会場にご出展いただくことで、今までになかったような商談成果をあげていただきたいと考えております。
2つ目は、「IoT×LIFE Session Powerd by ASCII」です。これからの暮らしをつくるのに欠かせないIoTプロダクト。アナログを一変させるIoTの技術で、未来の暮らしをリ・デザインするような、IoTプロダクトを、最新トレンドを知るアスキーがオススメする、暮らしを変える商品が多数集まる注目のイベントです。今回は、離れて暮らす祖父母に孫の姿をいつでも見てもらえるような商品から、親子のコミュニケーションに役立つものまで、コミュニケーションにも役立つプロダクトが出展しているのがポイントです。
最後は、「ハロウィングッズゾーン in Gift Show LIFE×DESIGN」です。最近、流通業界で注目されている『ハロウィン市場』。市場規模1200億円と、4年で2倍とも言われるほど急成長しています。バレンタインを超える新たな記念日として、この大きな市場に注目して開催いたします。今回は、一般社団法人 日本ホームパーティー協会にご協力を頂き、新しいハロウィンパーティースタイルを、ブースにて展開いたします。2017年のハロウィン市場に向けた新しい提案の場となりますので、ぜひとも足を運んでいただければと思います。
東3ホール奥、ビジネスマッチングルームの前では、昨年、ギフト・ショーにご来場頂いた方を対象に、自宅や賃貸住宅のリノベーションに関するアンケート行い、約800名の方にご回答頂きました。その結果をパネルで展示しています。建主の考えは、リノベーションを理解するのに役立つと思います。ぜひ、ご覧ください。その他、余すことなく会場をまわって頂き、積極的に商談を行っていただければと思います。

日本の全ての流通業界、並びに海外のバイヤー様からも注目される、東京インターナショナル・ギフト・ショーは、「日本から世界へ!」をスローガンに、長年、ギフト・ショーを愛し、ご出展・ご来場いただいている皆様に、今後もご繁盛いただくためにも、見本市運営にあたっては、より一層努力をしていく所存です。益々のご支援をよろしくお願い申し上げます。皆様、ぜひ本日より始まるギフト・ショー LIFE×DESIGNの3日間ならびに、トータル10日間にわたる、ギフト・ショーWEEKを十分にご活用ください。

それでは、ギフト・ショーWEEKの幕開けとなる、第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGNの開会を宣言いたします。

2017年2月1日
株式会社ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀 信享

来賓祝辞として、
経済産業省 商務情報政策局 生活文化創造産業課 観光・集客産業戦略調整官 磐淵 幸雄様から祝辞をいただきました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
出展社代表挨拶として、
株式会社坂本乙造商店 代表取締役社長 坂本 朝夫様からお言葉をいただきました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
ムービーを見る!
デザインプロダクツから素材、住まいの提案まで、こだわりの暮らしに欠かせない全てがそろう「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGN」へ、ぜひとも足をお運びください。
出展社・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ちしております。

ギフト・ショーLIFE×DESIGN 注目のフェア
『 RENOVETTA® 』 (東2ホール)
世界的デザイナー 喜多俊之氏監修の特別エリア
プロダクトデザイナーとして世界で活躍する喜多俊之氏提唱のリノベーションプロジェクト「RENOVETTA®(リノベッタ)」とギフト・ショー LIFE×DESIGNがコラボレーションした特別エリアです。小さく仕切られた間取りが一般的な日本の住まいを、仕切りを取り払い、スケルトン化することにより“集いの場”とすることを提唱するRENOVETTA®。空間を良くすることで、良いものを長く使い、自然や四季を取り込み、自然と会話が広がる…そんな“すてきな暮らし”の実現や、居住者のライフスタイルやライフステージに合わせて変化する空間を提案しています。
会場内では、RENOVETTA®のコンセプトに沿って作られた部屋を再現し、素敵な暮らしに欠かせない家具や照明、雑貨をトータルに提案します。さらに本プロジェクトは日本の伝統工芸の発信の場にもなっており、産地の技や素材を活かした家具も登場します。デザインの最前線で活躍する喜多俊之氏提案の“リノベーション”の在り方を、ぜひ本エリアで体感してください。

Profile
喜多俊之氏
イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで、多くのヒット製品を生む。日本各地の伝統工芸、地場産業の活性化、およびクリエイティブ・プロデューサーとして多方面で活躍する。大阪芸術大学教授。2016年より潟rジネスガイド社の顧問に就任。2011年にイタリアの「黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。
著書:「デザインの力」、「地場産業+デザイン」、「デザインの探険」

『 SOZAI展 』 (東2ホール)
素材の持つ可能性を広げ、素材そのものをビジネスにつなげる
日本のモノづくりを支える『素材』を、『素材そのもの』として提案。これまで『モノ』を作ってきた素材を、建築や内装、アートといった新たな分野にも広げます。
昨年9月の東京ギフト・ショーにてプレイベントを行い大きな反響を呼んだ『SOZAI展』に、ぜひご期待ください!


【お問合せ先】
(株)ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
〒111-0034/東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
TEL:03-3843-9854(代) 03-3843-9711(直) FAX:03-3843-9850
E-MAIL:n-haga@giftshow.co.jp
この画面を閉じる