事務局からのお知らせ
 第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017 LIFE×DESIGN
 東京ビッグサイト東7ホール受付前で開会式が盛大に行われました。
2017年8月30日(水)午前9時30分から東京ビッグサイト東7ホール受付前にて「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017 LIFE×DESIGN」の開会式が行なわれ、華やかに開幕致しました。

開会式では、下記のギフト・ショーの、ご来賓ならびに業界をリードする出展社の皆様に御出席いただき、テープカットが行われ、盛大な幕開けとなりました。
開会式の様子
来賓祝辞
経済産業省 商務・サービスグループ
クールジャパン政策課
観光・集客産業戦略調整官  古屋 隆志 様
来賓祝辞
台北駐日経済文化代表処
代表 謝 長廷 様
主催者挨拶
株式会社ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀 信享
ご来場の際はお名刺をお忘れなく!
受付の様子

開会式では主催者代表として、
(株)ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀信享から挨拶がありました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
来賓祝辞として、
経済産業省 商務・サービスグループ クールジャパン政策課 観光・集客産業戦略調整官
古屋 隆志様
から祝辞をいただきました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
来賓祝辞として、
台北駐日経済文化代表処 代表 謝 長廷様からお言葉をいただきました。
>>> ご挨拶の詳細はこちらからお読みいただけます
開会式レポートはこちら
デザインプロダクツから素材、住まいの提案まで、こだわりの暮らしに欠かせない全てがそろう「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017 LIFE×DESIGN」へ、ぜひとも足をお運びください。
出展社・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ちしております。

まかないこすめ
伝統製品をリブランディング


金沢の金箔屋の「まかない」(作業場)から生まれた自然由来の和コスメ。金箔屋特有の乾燥や高熱といった肌に過酷な作業環境の中、自分たちの肌を守る為に「まかない」の材料や知恵を使って手作りコスメを作り始めたのが由来。
その後、百年の時間をかけて試行錯誤を繰り返し、誕生したのが現在の「まかないこすめ」。
今回はブランドの立ち上げから10年を機に、リブランディングの一環として、従来の商品を精査、総点検し、商品の仕様変更、価格訂正を行った。リブランディングで新しく生まれ変わった「まかないこすめ」を大々的にお披露目する。
2017年10月に新発売となる、金が機能する自然由来成分のスキンケアシリーズ「GOLDAYS」も紹介する。世界で初めて金箔の効果、効能を検証し、金箔による“肌細胞活性効果”(繊維芽細胞の増殖作用)を実証した金箔主体のスキンケアアイテムを、製品パッケージの白と赤の格子のストライプでシンプルにデザインされたブースで実際に試してほしい。

出展社名:まかないこすめ
ブースNO:東7B-10
TEL:03-3235-7661 / URL:http://makanaicosmetics.co.jp/

3つのラボラトリーの“研究”成果を発表

「自在」(自由に自分らしく、在りの儘に在り続けるために…)をテーマに、集合住宅の研究をしている日建ハウジングシステムの中にあるlid研究所の3つのチームが参加している。
・L3 デザイン室 Life Living Laboratory
「新たな住まい方の提案」を研究、立案する戦略的チーム。今回、稼働間仕切りのシステム、稼働式の家具を提案。
・I3 デザイン室 Innovative Imagination Incubator
新規ビジネスの創出に取り組むセクションで、コンクリート造りのマンションに木造の構造を取り入れる研究、竹を建築に活用した取り組み。さらには働き方など、モノだけでなくコトに関する分野にも取り組んでいる。また“衣食住の「衣」にもテーマを拡大し、ウエアの提案など「住空間の提案」にとどまらない取り組みも紹介する。
・D3 デザイン室 Digital Design Division
本来は2次元である図面からVR、CFDなどを活用した新たな切り口で設計のバリューアップを実現し、その作品の映像を流す。
ブースでは触ったり動かしたりさまざまな体験もすることができる。

出展社名:(株)日建ハウジングシステム lid研究所
ブースNO:東8I-02
TEL:03-5804-3142 / URL:http://www.nikken-hs.co.jp/
ギフト・ショーLIFE×DESIGN 注目のフェア
『 ACTIVE CREATORS 』 (東7ホール)
“才能”あふれるクリエイターと“感度の”高いバイヤーのためのビジネスの場
毎回“才能”あふれるクリエイターと“感度”の高いバイヤーとのビジネスの場として人気を博している『ACTIVE CREATORS』。今回も、インテリアからステーショナリー、アパレル、ファッション雑貨などの新作を発表する80以上のブランドが出展します。最近は、食品雑貨の出展ブランドも増えてきおり、お茶や、ワッフル、ピーナッツクリーム、だしまで、いずれも美味しさはもちろんのこと、パッケージデザインが優れ、雑貨店でも販売できる商品が多数出展します。ぜひご注目ください。
ACTIVE CREATORS >>> 出展クリエイターやブランド紹介はこちら
■ 日本でも人気の高い台湾のデザインプロダクツ、10ブランドがACTIVE CREATORSに出展!
台湾のクリエイティブをPR。デザインによる国際交流を図ります!
昨年に続き、台湾から若手クリエイターやデザイナーがプロジェクトを通じて出展します。
そのプロジェクトとは、台湾文化部が立ち上げた『Fresh Taiwan』プロジェクト。同プロジェクトと、『ACTIVE CREATORS』は、昨年2月より、相互出展に関し提携しており、4月に台北で開催された台湾文博会には、日本のデザインブランド5ブランドが 『ACTIVE CREATORS』 ブースを通じて、世界に日本のクリエイティブ力を発信しました。今回の『Fresh Taiwan』ブースは、その相互提携により出展が実現し、日本でも台湾のデザインブランドを紹介できる運びとなりました。皆様、是非フレッシュな若さに満ち溢れた台湾のクリエイティブにご期待ください。
『 SOZAI展 』 (東8ホール)
素材の持つ可能性を広げ、素材そのものをビジネスにつなげる
素材や技術の強みを提案し、新たなビジネスにつなげるSOZAI展。スタートから1年という短い期間にも関わらず、多くの反響をいただいている本エリアを、今回も白を基調としたデザイン性の高いブースで展開します。今回も日本全国から約40社が出展。それぞれ異なる背景を持った素材と技術をアピールします。
また、出展各社の素材をより際立たせるSOZAI展のブースデザインが、『DSA 日本空間デザイン賞2017』にて、入賞を果たしました。
空間演出でも高い評価を得ているSOZAI展に、今回もご期待ください。
『 リノベーション空間のための名作椅子展 』 (東8ホール)
家具の中でも『椅子』は、住まいの空間を構成する上でも、重要な商品。また、『椅子』は世界中のデザイナーが手掛けるプロダクトとして、世界のこだわりのコレクターも数多く存在する人気製品となっている。そこで、特別企画展として本展を開催。静岡、大川、旭川、飛騨高山といった日本が誇る家具の産地はもちろん、海外からも、椅子の“名作たち”が一堂に会する本展をお見逃しなく。
空間プロデュース / 喜多俊之デザイン事務所
【出品ブランド】
CASSINA/EMECO/Fritz Hansen/MAGIS/MAGIS/THONET/Vitra/カリモクCOM/CONDE HOUSE/秋田コレクション/KASHIWA/TENDO/起立木工/関家具/ナガノインテリア工業 (順不同)
【お問合せ先】
(株)ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
〒111-0034/東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
TEL:03-3843-9854(代) 03-3843-9711(直) FAX:03-3843-9850
E-MAIL:n-haga@giftshow.co.jp
この画面を閉じる