開会式では、多くのご来賓、出展社の皆様に御列席いただき、テープカットが行われ、
盛大な幕開けとなりました。
開会式の様子
来賓祝辞
経済産業副大臣
西銘 恒三郎 様
出展社代表挨拶
株式会社手怎vロダクション
代表取締役社長 松谷 孝征 様
出展社代表挨拶
有限会社レトロバンク
執行役員COO 中村 真衣子 様
主催者挨拶
株式会社ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀 信享
― 式次第 ― (順不同)
■ 来賓祝辞
経済産業副大臣   西銘 恒三郎 様
■ 来賓
米国大使館商務部 上席商務官 ヨーチン マ 様
中華人民共和国駐日本国大使館 公使参事官 明 暁東 様
香港貿易発展局 東京事務所長 張 嘉茵 様
独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ) 理事 水井 修 様
一般財団法人対日貿易投資交流促進協会(ミプロ) 理事長 樋口 勉 様
独立行政法人中小企業基盤整備機構 販路支援部長 村井 振一 様
全国商工会連合会 企業支援部 部長 榎本 陽介 様
日本商工会議所 地域振興部 担当部長 原 伸一 様
公益社団法人日本クラフトデザイン協会 監事 岡本 昌子 様
一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会 代表理事 古川 愛一郎 様
伊藤忠ファッションシステム株式会社 代表取締役社長 石井 和則 様
株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 営業本部長 兼
マーケティング本部長
加藤 祐貴 様
株式会社エトワール海渡 代表取締役社長 早川 謹之助 様
株式会社キデイランド 代表取締役社長 間宵 薫 様
株式会社大丸松坂屋百貨店 本社経営企画室 久田 明生 様
一般社団法人日本イベントプロデュース協会 専務理事 石山 盛也 様
一般社団法人日本プロモーショナル・マーケティング協会 専務理事 宮久 哲実 様
一般社団法人日本Web協会 専務理事 岸良 征彦 様
東京ディスプレイ協同組合 専務理事 髙山 順 様
一般社団法人日本全身美容協会 理事長 松本 正毅 様
■ 出展社代表挨拶
株式会社手怎vロダクション 代表取締役社長 松谷 孝征 様
有限会社レトロバンク 執行役員COO 中村 真衣子 様
■ 出展社代表
アサヒ・インターナショナル株式会社 代表取締役 下山 雅之 様
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
コンシューマ・プロダクツ アカウントマネジメント バイスプレジデント
堀野 裕生 様
株式会社坂本乙造商店 代表取締役 坂本 朝夫 様
ジェイディジャパン株式会社 代表取締役 山部 秀康 様
株式会社セキグチ 代表取締役社長 吉野 壽高 様
株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ 代表取締役 長谷川 仁 様
株式会社タカラトミーアーツ 代表取締役社長 宇佐美 博之 様
株式会社トレードワークス 代表取締役社長 千葉 啓一 様
■ 主催者挨拶・開会宣言
株式会社ビジネスガイド社 会長 芳賀 久枝
株式会社ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀 信享
■ テープカット式
(順不同)
開会式では主催者代表として、
株式会社ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀 信享から挨拶がありました。
皆さま、おはようございます。
いよいよ、本日2月7日から9日までの3日間、ここ、東京ビッグサイト全館を使用し、「第85回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018」の第2週が始まります。

まずは、開催にあたり、一言ご挨拶申し上げます。
出展社様、来場者様並びに、ご後援、ご賛同を賜りました官公庁や各団体の皆様と、ギフト・ショー運営にご協力を賜りました、皆様のご支援、ご尽力により、「第85回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018」は、開催を迎えております。この場をお借りして感謝申し上げます。さて、先週開催した「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018 LIFE×DESIGN」を加えると5つの見本市全体で、3,356社です。海外出展社は、米国、英国、イタリア、イラン、インド、オーストラリア、オランダ、韓国、タイ、台湾、中国、ドイツ、ネパール、ベトナム、香港、リトアニアなど16の国と地域から278社が出展。展示規模は、春のショーとしては過去最大となる12万3,000㎡となりました。

先週1月31日(水)から2月3日(土)、「第85回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018」の先陣を切って、「ギフト・ショー LIFE×DESIGN」を開催。「暮らし デザイン 新時代 〜Good Design for Happy Life〜」をテーマに、暮らし産業に新たなビジネスチャンスを広げる新しい提案を行いました。百貨店、家具店、ホームファッション店、インテリアSHOPから不動産、設計・建築、ホテル、旅館、商業施設、マンション一戸建ての建て主まで業界の垣根を越えた多くの方々にご来場いただきました。出展社数は、935社、内海外7の国と地域(米国、英国、オーストラリア、韓国、タイ、台湾、香港など)から出展。出品商品数は約5万点でした。また、土曜日(パブリックデー)には、平日のご来場が難しいバイヤー様や、住まいに関心の高い一般顧客の皆様が訪れ、盛況裡の内に終了し、幕開けにふさわしい成功をおさめることができました。

今回で85回目を迎える「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018」は、「人に優しく、地球にやさしく」をテーマに、出展社数1,921社、海外出展社は、14の国と地域から262社を集め、華やかに開催いたします。
会場は、かわいいぬいぐるみやキャラクターグッズ、版権ビジネスなどの東1〜3ホール「TOY×STATIONERY×LICENSE」、東4〜6ホール女性のためのテーマビレッジ「FASHION×BEAUTY」、海外からのOEM、デザイン雑貨などの西1ホール「OVERSEAS」の大きく3つで構成いたします。
また東7ホールでギフト・ショーの姉妹ショー「第23回グルメ&ダイニングスタイルショー春2018」を、西3・4ホールで「第57回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2018」を、東6ホールで「第3回プレミアムビューティー・ヘルスショー2018」を同時開催いたします。

それでは、簡単に見どころについてお話しいたします。

1.東京ギフト・ショーでは、2週間開催の強みを活かし、2週間連続のイベントをいくつかご用意いたしました。
毎回、多くのバイヤーの皆様から大きな期待が寄せられる、テーマ展示イベント。
今回のテーマは、「人に優しく、地球にやさしく」です。出展社の皆様が商品を作るとき、デザインするとき、そこには人への想いや環境への配慮など、作り手が考えるストーリーが必ずあります。そしてその想いやストーリーに消費者は共感し、魅かれ、購入に結びつきます。“人に優しく、地球にやさしく”、これは今まさに商品を作り、マーケットへ出す上で必要不可欠なもの。今回は、人々の暮らしを豊かにしながらかつ社会と地球の課題を解決する製品・サービスを紹介する特別テーマ展示イベント「SUSTAINABLE(サステナブル) / LIFE STYLE SELECTIONS」を東5ホール入口ガレリアで開催します。キュレーションは、次世代のライフタイルイノベーションとして注目を浴びている「BIO HOTELS JAPAN」。作り手の想いをマーケットに反映すべく当展示イベントで表現いたします。
2.もうひとつは、「Spotlight on FRANCE」。前回のアメリカに続き、今回のギフト・ショーは、フランスに注目いたします!ライフスタイル・雑貨・ファッションなどあらゆるカテゴリーから100ブランドの“Made in France”を集中展示いたします。
3.特別展示イベント「INDEX for ZAKKA STATIONERY」を東3ホールで開催いたします。今までの文具の枠を超えてオシャレであらゆる売場に対応する幅広いZAKKA STATIONERYを第1週、第2週、全出展社様を対象に集め、一堂に展示いたします。
4.東4ホールにて「DISNEY EXPO JAPAN 2018(ディズニー商品総合展示会)」を開催いたします。「衣」「食」「住」「遊」…あらゆるライフスタイルのカテゴリーから、「ミッキーと仲間たち」「くまのプーさん」「ディズニープリンセス」「マーベル」「スター・ウォーズ」を中心に、その魅力を最大限に引き出した数多くの商品が一堂に集います。2018年は、「伝統と革新」をテーマに、最新コンテンツと連動した話題性のある商品や、大人からキッズまでを対象とした幅広い商品を展示するとともに、各ブランドの映画、テレビ番組情報や各種マーケティング情報をご紹介いたします。
5.同じく東4ホールにて「中小企業総合展 in Gift Show」を開催。
「技の匠」と題して、日本全国からギフト関連商品を取り扱う中小企業が厳選された逸品を展示いたします。
6.女性のためのテーマビレッジ“FASHION×BEAUTY”を東4〜6ホールで開催。“FASHION”をキーワードに掲げ、パワーアップした「おしゃれ雑貨ワールド」を過去最大規模にて開催いたします。ファッションのみならず、文具やインテリア、食品まで扱うようなライフスタイル提案型のセレクトショップが増えています。トレンドに敏感な女子を視野に、多くのバイヤー様にご満足いただける環境をご提供いたします。
また、前回初開催し、好評を博した、Gift Show FASHIONエリア発、「FASHION×FOOD展」。新しいライフスタイルマーケットを提案するエリアとして、2回目の開催を迎えます。
7.今回のギフト・ショーも、「アニメ&キャラクターライセンスフェア」が大変盛り上がっております。皆様にもおなじみの、アットアームズ、(株)ソニー・クリエイティブプロダクツ、(株)手怎vロダクション 、(株)東北新社などに加え、(株)スタイリングライフ・ホールディングス プラザスタイルカンパニー、クロスワールドコネクションズ、ディスカバリーチャンネルなど多数出展いたします。
ライセンサーとライセンシーが一緒に出展し、流通業者の方々との出逢いと商談の場を一度に創出できるのは、ギフト・ショーだけです。是非ご期待ください。
8.西1ホールには、中国・韓国・台湾・香港など、東アジアの国と地域から216社が出展いたします。OEM・ODM委託先候補が大集結する他、これから日本のギフト・マーケットへの進出を目論む日本初上陸ブランドも多数出展。カテゴリー問わず、コストパフォーマンス、デザイン性、ハイクオリティなど様々な特色を持つ海外企業と直接商談することが可能です。それぞれの国の魅力が詰まった、パビリオンは必見です。
9.また従来より多くのバイヤーの皆様からご支持いただいております各種コンテストも行います。

同時開催展についても触れておきたいと思います。

新たに東7ホールで開催される、「第23回グルメ&ダイニングスタイルショー春2018は、『人が集う、心がハッピーになるPREMIUM Dining Styleとは』をテーマに、春のショーとしては過去最大となる、250社が出展いたします。恒例の「feel NIPPON春2018(主催:日本商工会議所)」、「ニッポンいいもの再発見!コーナー(主催:全国商工会連合会)」を同時開催し、テーマに即した見どころのある開催となります。
また、好評を博しております、「AGRI×DESIGN×FOOD EXHIBITION」も開催。生産者の製品をふんだんにつかったカフェを併設し、より食卓に近づいた、提案を行う他、毎回100点以上の優れた商品が出品される「キッチン&ダイニンググッズコンテスト」も開催いたします。

西3・4ホールでは販売促進・マーケティングの国際的な専門見本市「第57回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2018」を開催。今回のテーマは、「来店を増やし、売り上げを伸ばすSP戦略とマーケティングとは」です。来店客を増やし、顧客の購買意欲を高める戦略はいったいどういうものなのか?その課題を解決する鍵は、プレミアム・インセンティブショーにあります!集客・販売を支援する多彩なSP企画やツール、最先端の印刷技術、ITを活用したSP、多くのPOP関連商材など、最新の関連商材を圧倒的なボリュームで展示いたします。
特別イベントといたしまして、「第27回日本プロモーション企画コンテスト」の表彰式と受賞者によるプレゼンテーションをステージで行う他、特別展示企画『ロボットワールドEXPO』の展示を行います。様々な分野で活躍するサービスロボットと暮らしに役立つロボット関連を集中展示し、あらたな市場を提案いたします。西3・4ホールで開催するプレミアム・インセンティブショーにどうぞご期待ください。

東6ホールでは、“ビューティーは高いレベルの健康”と表現されている「ホリスティックビューティ」をテーマに、プロフェッショナルのための美と健康のトレードショー「第3回プレミアムビューティー・ヘルスショー2018」を開催。東京ギフト・ショー「ビューティー&コスメティックフェア」と併催で、過去最大となる110小間のビューティー&ヘルスケアグッズ満載の一大ゾーンとなっております。

皆様、いずれの会場もお見逃しなく!

それでは、東京ギフト・ショー第2週を締めくくる、「第85回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018」「第57回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2018」「第23回グルメ&ダイニングスタイルショー春2018」「第3回プレミアムビューティー・ヘルスショー2018」の開会を宣言いたします。

2018年2月7日
株式会社ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀信享
来賓祝辞として、
経済産業副大臣 西銘 恒三郎様から祝辞をいただきました。
今回の「ギフト・ショー」は14の国と地域から合計1921社が出展され、物作りや食、デザイン、ファッションといった、各分野の最先端の商材が勢揃いしているとうかがっております。まさに“日本の魅力”を展開する“クールジャパン”の発信拠点であり、この展示会が様々な業態融合を実現し、新たな市場の創造に貢献されることと期待しております。
「ギフト・ショー」に代表されるような展示会は、人、物、情報の“交流の場”“商談の場”であります。新しいビジネスやイノベーションが生まれる、重要なビジネスインフラとして、今後もその発展が期待されております。こうした場を通して中小企業や小規模事業者は、ビジネスの機会をつかむことができます。
また展示会産業は、展示会の開催に加え、参加者の宿泊、飲食、観光と経済への波及効果が大きく、その発展は地域のおける消費拡大を通して、地域活性化にも繋がります。

政府は2020年にインバウンド観光客4000万人の目標を立てております。2017年には訪日外国人旅行客数は2800万人を超え、年々、インバウンド需要が高まっております。こうした機会を捉え、“All Japan“体制で、強力に質の高いビジネス客を取り込む為に、経済産業省では、観光庁とともにMICE推進に取り組んでおります。

「ギフト・ショー」のような国際的な展示会が、日本企業の販路開拓の場として、出展社や来場者に“価値”を与え続けることを期待しております。

本日から三日間、出展社、来場者の皆様が、この会場で有意義な時間を過ごされ、新たな商機と大きな成果を掴んでいただけたらと思います。

日本の展示会産業、およびクールジャパン政策のより一層の発展の為にも、皆様方の更なるご活躍を期待しております。
出展社代表挨拶として、
株式会社手怎vロダクション 代表取締役社長 松谷 孝征様からお言葉をいただきました。
「ギフト・ショー」が85回、42年間も続けられてこられているのは大変素晴らしいことだと思います。我々は2001年から参加させていただいており、33回続けております。その間に素晴らしい契約が沢山実りました。
それ以前は、アニメ、漫画関係の展示会に出展しており、それとは関係なさそうな企業が多く出展している「ギフト・ショー」に参加したのは、この分野で企業では当社が初めてだったと思います。

昔、手塚治虫が、自分の後輩達に「漫画家になるのならば、漫画以外の勉強をしなさいよ。いい音楽を沢山聴きなさい。いい小説を沢山読みなさい。いい舞台を沢山観なさい。それらが絶対に自分の漫画に反映されるようになる」と力説しておりました。その意味でもこのような異業種の企業が沢山出展している展示会に出展することは、色々な方々と交流することができます。それが我々の仕事を成長させてくれるのではないかと思います。

ブースでお客様を待っていては駄目だと思います。会場を廻って色々な業界の方々と交流を図っていただきたい。その交流こそが“実”になります。すぐに契約に結びつかなくとも、お金にならなくとも、その交流が後々をみれば、大きな財産になるのではないかと感じております。皆様是非とも交流を図っていただきたいと思います。特に海外との方々との交流は世界平和にも繋がります。

私は今、手塚の作品の「火の鳥」のデザインのネクタイをしておりますが、これは京都の西陣織りです。伝統工芸と新しいポップカルチャーとの融合から生まれたものです。このようにあらゆる業種の方々とお付き合いができたらいいなと考えております。
出展社代表挨拶として、
有限会社レトロバンク 執行役員COO 中村 真衣子様からお言葉をいただきました。
皆様おはようございます。
ただいま、ご紹介にあずかりました、レトロバンクの中村でございます。
誠に僭越ながら、プレミアム・インセンティブショーの出展社を代表いたしまして、ご挨拶をさせていただきます。

本日、このように多くの素晴らしいご来場者様をお迎えできる機会をいただき、大変嬉しく、このご縁に感謝しております。
主催者様、ご関係者の皆様に厚く御礼申しあげます。

弊社は北欧にございますデンマーク エスケスン社の国内輸入元として、傾けると中の絵が動くフローティングペンの販促・販売物のオリジナル製作を承っております。
弊社の扱うペンには70年以上の歴史があり、製作者のメッセージを約6秒間のストーリーに込めることができます。
アーティストグッズや美術展の記念品などでも数多く採用され、そのデザインの独創性から“書けなくなっても持っていたいペン”といわれ、世界的なコレクターズアイテムとしても親しまれております。

プレミアム・インセンティブショーへの出展は右も左も分からない所からのスタートでございましたが、主催者スタッフ、ご出展企業の皆さまに支えられ、出展を続けさせていただいております。
おかげさまで、毎回様々な企業様とご縁をいただくことができ、ご一緒させていただく中で新たなもの作りのお手伝いができる喜びを感じております。

今回のプレミアム・インセンティブショーのテーマは‘来店を増やし売り上げを伸ばすSP戦略とマーケティングとは’ですが、販売促進において求められることは自社の付加価値を確実に伝え、ブランド力を持たせることだといわれております。
プレミアム・インセンティブショーには販促物はもちろん、オリジナル、OEMグッズの製作をされる企業様が数多くご出展されております。
もの作りにこだわった逸品からSNSやAI技術、ロボットなどを使った最先端のデジタルマーケティングまで様々ですが、共通することは根底にあるお客様への”届けたい”という熱い”気持ち”であり、それを形としてアイテムに託し自社のブランド価値と共に”届ける”ことで、さらなるビジネス拡大の可能性へとつながっていくのではないでしょうか。

私たち出展社は企業様の想いを形にし、気持ちに寄り添った、心のこもったサービスを展開していくとともに、さらなる飛躍を目標に今後も邁進する所存でございますので、どうかこれからもご支援を頂けますようよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、ビジネスガイド社様、ご出展企業様のさらなるご発展と本日ご出席の皆様の益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げてご挨拶とさせていただきます。
ご静聴頂き、ありがとうございました。
この画面を閉じる
Copyright©2018 BUSINESS GUIDE-SHA,INC All Rights Reserved.