事務局からのお知らせ
 

いよいよ明日、3月10日(水)開幕!
第2回 京都インターナショナル・ギフト・ショー2021
前回を大幅に上回る約420社の企業が新商品を携え出展

伝統とモダンと革新の商品見本市『第2回 京都 インターナショナル・ギフト・ショー 2021』は、明日3月10日(水)・11日(木)の2日間、みやこめっせ(京都市勧業館)[京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1] にて、開催いたします。主催は、(株)ビジネスガイド社です。
今回の京都ギフト・ショーには、2019年の初回開催を大幅に上回る約420社の多彩な企業・クリエイターが出展します。「衣」「食」「住」「法人ギフト」のカテゴリーに加え、京都ギフト・ショーならではの特別企画として「技」に焦点をあてる「WAZA博」や、デザインが良い商品を集めた「雑貨かわいい食マルシェ」「ACTIVE CREATORS STORE」など特別企画にもぜひ、ご注目ください。
また、京都の伝統や文化を背景に、独創性、先駆性、高品質性など知恵を活用した商品やサービスをバイヤーに売り込む展示商談会「京都知恵産業フェア」が初回開催に引き続き併催となります。
会期終了後の翌日、3月12日(金)に出展社の工房・ショールームを公開する「オープンファクトリーデイ」を実施。京都開催だからこそ実現する「展示会+α」の独自性のある見本市を実現します。
皆様のご来場をスタッフ、出展社一同、心よりお待ちしております。
来場者に記念品を贈呈
来場登録はこちら
京都インターナショナル・ギフト・ショー
伝統とモダンと革新の商品見本市
『第2回京都インターナショナル・ギフト・ショー 2021』

■ 開催日時:2021年3月10日(水)〜11日(木)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
■ 会場:みやこめっせ(京都市勧業館)3階・1階・地下1階
■特別企画:3月12日(金) オープンファクトリーデイ
(オープン時間は参加企業による)>> 詳細はこちら
■ 主催:株式会社ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
詳細はこちら
フェア紹介 会場案内図 交通アクセス
来場登録はこちら
新たなビジネスを創出する流通業界のBtoBポータルサイト『Gift Net』
『Gift Net』では「第2回京都インターナショナル・ギフト・ショー 2021」をはじめ、本年2月に開催した「東京インターナショナル・ギフト・ショー」及び「LIFE×DESIGN」「グルメ&ダイニングスタイルショー」の出展企業、「瀬戸焼産地商談会」「沖縄商談会」「福岡県伝統的工芸品産地訪問商談会」の出展企業の新製品や商談情報を検索できます。
展示会当日、会場で直接商談するための事前準備としてはもちろんのこと、ご来場が難しい方もオフィスや自宅にいながら商品の仕入情報やお問い合わせができます。リアルにプラスして、オンラインを組み合わせたハイブリッド型商談を実現させ、ウイズコロナ時代の流通業界のビジネスの進化を全力で応援いたします。
現在『GiftNet』では、「伝統工芸・日本ブランド」を3/13までの期間限定で特集中。伝統工芸、産地ブランド、職人に焦点を当て紹介しています。特集ページもぜひご覧ください。  
※事前登録がお済でない方は、事前登録をお願いいたします。事前登録をお済の方は、ご登録のメールアドレス/パスワードでログインいただけます。
検索する
3月10日(水)開会宣言を動画で配信
3月10日(水)午前9時30分より、主催者である株式会社ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀 信享による開会宣言と御来賓のご挨拶を動画で配信いたします。
動画は明日、京都インターナショナル・ギフト・ショー公式サイトTOPページでご覧いただけます。ぜひご視聴ください。
>>京都インターナショナル・ギフト・ショー公式サイトへ
京都ギフト・ショー 注目の出展社様を一部ご紹介
商品画像
 D4
ブースNO.W36
D4は、各地域に伝わる「伝統的工芸品」を製作する職人グループです。
若い人達にも親しみやすい日常使いの伝統工芸をめざし、花をテーマとした「Hana Cafe by D4」を提案。それぞれの伝統工芸が一つのテーブルを彩り、楽しい時間を演出しています。従来の伝統的工芸品と「D4」商品を展示し訴求に努めます。
URL: http://www.d4-ngtc.com/
商品画像
 香老舗 松栄堂
ブースNO.住-102
私たち松栄堂は、およそ300年前、京都に創業しました。
仏事用の薫香をはじめ、茶の湯で使う練香や印香、お座敷用の高級線香や手軽なインセンス、匂い袋や防虫香など「香百般」の製造と販売に携わっています。
今回の京都ギフト・ショーでは和の香りによる空間演出をご提案します。
URL: http://www.shoyeido.co.jp/
商品画像
 (株)美研繊維〜ふろしきエコバッグのあそ美心〜
ブースNO.衣-016
京都の染工場である株式会社美研繊維から生まれたモダンな和柄ファブリック雑貨ブランドの「あそ美心」です。
「ふろしき」という一枚の布がエコバッグ、スカーフ、またインテリアになり、自由な発想で無限の可能性が!小売、卸売業様からOEMまで、プリント雑貨を探している&つくりたい方はぜひ名刺交換を!
URL: https://asobigokoro.kyoto
おみやげコンテスト
観光客に人気の街「京都」で、お土産好適品が集まる「おみやげコンテスト」を実施いたします。ギフトに最適な出展商品約130点が集結。初日の来場者投票を基に各賞が決定されます。
コンテスト会場は1階です。皆様のご投票をおまちしております。
受賞商品発表と授賞式は3月11日(木)15時30分より、1階トークイベント会場で行います。

無料トークイベントのご案内
【申込方法】
参加ご希望の方は当日、みやこめっせ1階 トークイベント会場受付までお越しください。
定員になり次第、締め切らせて頂きます。詳しくはお問合せください。
京都ギフト・ショー事務局 TEL:06-6258-0002
3月10日(水)
▼ S-1・2・3 受講料:無料

JAPAN BRAND FESTIVAL 2021

JAPAN BRAND FESTIVALはJAPAN BRANDに情熱を傾けるすべての人と人を、有機的につなげるためのプラットフォームです。民間や行政を超えたネットワークから収集された情報を共有し、オン・オフラインでのイベントや展示会、商談会、Webサイトを通して、挑戦を続ける日本発のプロダクトやサービスの活動を支援しています。
JAPAN BAND FESTIVALにとっても変革の年となった2020年。新たな取り組みと、これからのJAPAN BRANDについてのお話をお届けします。

【登壇者】
澤田 哲也氏
(ミテモ株式会社)
二本栁 友彦氏(株式会社ロフトワーク)
堀田 卓哉氏(株式会社Culture Generation Japan)
Knowledge CAMP参加事業者 他


S-1 10:30-12:00
 JAPAN BRAND FESTIVAL2021 変革の年総決算
S-2 12:15-13:45
 JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL - 産地を支えるチームの育て方
S-3 14:00-15:30
 JAPAN BRANDを継承していくためのプラットフォーム

【概要】
■S-1 JAPAN BRAND FESTIVAL2021 変革の年総決算
代表の二本栁と堀田に加えて、今年度新たに始まった中小企業向け勉強会knowledge CAMPの参加事業者も加わり、JAPAN BRAND FESTIVALの活動の成果と来年度以降の展望を語ります。
<登壇者>
 戴 薪辰氏(株式会社ロフトワーク)
 太田 泰造氏(錦城護謨株式会社)
 倉本 和幸氏(株式会社京都設備)
 南條 和哉氏(有限会社南條工房)
 福岡 ひとみ氏(有限会社トレンディー)
 濱松 誠一氏(有限会社トレンディー)
 松木 一真氏(蒼築舎株式会社)

■S-2 JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL - 産地を支えるチームの育て方
新型コロナ禍の環境下に置かれる日本の各産地では、今まで以上にイノベーションを起こしていく必要性が高まっています。産地を活性化すべく現地に飛び込んだJAPAN BRAND PRODUCE SCHOOLメンバーの取り組み事例を通じて、新たなサポートのあり方を共に考えます。
<登壇者>
 澤田 哲也氏(ミテモ株式会社)
 西堀 耕太郎氏(日吉屋/TCI研究所)
 金谷 勉氏(セメントプロデュース デザイン)
 三嶋 貴若氏(セメントプロデュース デザイン)
 中谷 勇輝氏(セメントプロデュース デザイン)
 堀内康広氏(トランクデザイン)

■S-3 JAPAN BRANDを継承していくためのプラットフォーム
JAPAN BRANDを次世代に継承してくためのプラットフォームのあり方について、実際にJAPAN BRANDのプラットフォームに関わる方々をお呼びして、トークセッションを行います。
<登壇者>
 横山 幸弘氏(近畿経済産業局知的財産室長)
 広部 憲太郎氏(朝日新聞社ツギノジダイ副編集長))
 信岡 良彦氏(エヌエヌ生命保険株式会社執行役員CXO)


3月10日(水)
▼ S-4 16:00〜17:30 【満員御礼】 受講料:無料

伝統工芸のブルーオーシャン戦略
技術を活かした素材ビジネスの可能性と事例紹介

国内・海外問わず需要が高い伝統工芸の“技術”。市場をプロダクトからマテリアルに移すだけで、ライバルのいないブルーオーシャンが広がっている。今回は素材の販路開拓プロジェクトを国内外で手掛けてきた北河原純也氏の事例や、東京ギフト・ショーでの実際の商談例を中心に、素材ビジネスの具体例をお伝えしながら、その可能性の高さを解説します。

【登壇者】
北河原 純也氏
(ライフスタイルプロデューサー)

3月11日(木)
▼ S-5 11:00〜12:00 受講料:無料

若手の住居から育てる街のARTS&CRAFTS

京都卸売市場エリアのビルを活用し、若手アーティストやクリエーターが住みながら制作できる複合施設としてREDIY(リディ)や河岸ホテルを立ち上げた登壇者が提起する「住居」からものづくりを考える1時間。

【登壇者】
扇沢 友樹氏
(河岸ホテル プロデューサー)

OPEN FACTORY DAY
普段公開されていない現場を見られる貴重な機会。
ギフト・ショー明けの金曜日は京都を巡ろう!
会場で展示されていた商品が生みだされる工房を見学できる「オープンファクトリーデイ」を、京都ギフト・ショー明けの3月12日(金)に、実施いたします。
出展社企業の中で工房やスタジオ、工場、ショールームを公開してもよい企業を募り、バイヤーに公開。製造の背景を知ることで小売商品への理解を深められると共に、技術提携の可能性が探れます。参加者一覧とMAPは詳細ページをご覧ください。
詳細はこちら

Open Factory
 
Copyright(c)2021 BUSINESS GUIDE-SHA,INC All Rights Reserved.
この画面を閉じる