HOME
近年、中国国内では90年代生まれの「90 后」が消費の主力となり、自分の欲しいものであれば、対価を惜しまない若者が多くなり、ブランドよりも、品質を最も重視することが特徴の世代です。彼らは海外の文化、トレンド等をインターネットを通じていち早く吸収し、多様な消費傾向を持っております。これから中国市場を開拓するためには、この世代へのアプローチが必要です。
 
中国国内の消費者ニーズやマーケットが激変し、競争も激しくなっております。その中で、消費者の健康に対する意識がますます高まり、食事、運動等による体質管理を行う方が多くなっております。それに併せ、健康食品、健康器具、フィットネス機器などの需要が増加している傾向にあります。
 
2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が接近するに伴い、「ニッポン」が世界中の人々に注目されています。観光客はもちろん、投資家やバイヤーでも日本マーケットや日本製品に改めて目を付けております。その中、日本の伝統やモダンな技術を融合した工芸品、職人の精魂を込めたハンドメイドやクラフト作品が好評です。
 
中国国内は沿岸部だけではなく、内陸にある都市でも世帯年収が増加しており、消費者はますますライフスタイルや生活の品質を求めるようになりました。無印良品、ユニクロを始め、中国人のライフスタイルに合わせた日本で企画・デザインされた製品が人気です。