事務局からお知らせ

第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019
及び同時開催展の合同記者発表会を開催しました。

平成30年12月25日(火) 14:00より浅草ビューホテル 4F 飛翔の間(東京都台東区西浅草3-17-1)にて、「第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019」及び同時開催展の記者発表会を開催しました。81人に及ぶ一般誌・専門誌の記者の方々にご参加いただきました。

(株)ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀信享
(株)ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀信享
(株)ビジネスガイド社 会長 芳賀久枝
(株)ビジネスガイド社
会長 芳賀久枝
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子

まず、主催者である株式会社ビジネスガイド社代表取締役社長 芳賀信享の挨拶の後、各専門見本市の今回のテーマ及び開催のポイント、見どころについて説明がありました。
間近にせまった会期に向けて、記者の方々はメモをとり、真剣に耳を傾けていました。

本日はお忙しい中、東京ギフト・ショー会期直前合同記者会見にご出席賜り、誠にありがとうございます。
本日は、テーマ及びテーマイベント、注目のフェアなど、ご取材いただくポイントや見どころについてお話しさせていただき、ギフト・ショーが消費財マーケットにおいて、いかに重要な役割を担っているか、ご理解の上、是非ご取材させていただきたく、記者会見を執り行うことといたしました。私より今回の東京ギフト・ショーの概要・見どころなどについて、お話させていただきます。

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019」は、2月12日(火)から15日(金)の4日間、「健康でアクティブな暮らし方への挑戦 PARTⅡ」をテーマに開催されます。 従来同様に「第59回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2019」、「第25回グルメ&ダイニングスタイルショー春2019」そして、「東京インターナショナル・ギフト・ショー LIFE×DESIGN」を同時開催。総出展社数4,000社、東京ビッグサイト全館、総展示面積97,420㎡を使用、それぞれがテーマ性を持ち、相互に協力し来場動員を行い、延べ40万人の来場を予定いたしております。

ここからは、ニュースリリースにそって、今回の見どころ、イベントなどをいくつかご紹介いたします。

① 毎日をHAPPY!に。女性のためのテーマビレッジ“おしゃれ雑貨ワールド”(西1ホール)。
女性のためのテーマビレッジと題し、「衣・食・住・遊・美」を発信する西展示棟1Fでは、話題性やアイデアに富んだ美を演出する・心と身体の健康に関する商品、素材・色・デザインともに表情豊かなファッションアイテムや生活に彩りを与える工夫とアイデアに満ちた生活雑貨まで、多種多彩な商品が集まります。
働く女性は年々増加し、今では、労働力人口総数に占める女性の割合が、43.4%にまで上がってきました。忙しい中でもオシャレがしたい!美しくありたい!そんな、仕事にファッションに大忙しの女性達が満足する商品でバイヤーの皆様をお迎えします。

② 新企画「ギフト・ショーDEMO」を西2ホールで開催。実演とデモンストレーションで「売れるワケ」をアピール! 皆様の店舗でもきっと役立ちます!
「生活雑貨フェア」は生活に彩りを与える、工夫とアイデアに満ちた商品を持った出展社が数多く出展しています。 その多くの商品の価値、魅力は、バイヤーがブースを覗いただけでは伝わりません。
「生活雑貨フェア ギフト・ショーDEMO」コーナーでは、その商品の特性・魅力をプレゼンテーションする出展社をピックアップ、その道のプロが実演、パフォ-マンスを行い、機能の説明、売り方、開発秘話までをバイヤー様に伝えます。今回は特にデモンストレーションを行う出展社様を「ギフト・ショーDEMO」として集積。見やすく、商談し易い場を用意し、バイヤー様をお迎えいたします。

③ 自分を磨く。感性を磨く。「FASHION SELECT」(西1ホール)
「自分らしさを大切にする。」自らの意志で自分に合うものをチョイスし、オシャレを楽しむ。そんなオトナ女子が満足するアイテムが集まるコンセプトゾーン。品質・価格帯ともにワンランク上の商品を発信します。

④ オトナ女子を切り口に、ギフト・ショーとOZmagazineがコラボレーション!
創刊32年目を迎える雑誌オズマガジンのコンセプトは「よりみち案内帖」。そしてその価値は、雑誌を飛び出し、ユーザー自身が自分のよりみちをログする『よりみちノート』を生み出しました。
今回、オトナ女子に向けてギフト・ショーからはファッションを、OZmagazineからは『毎日に「もっとよりみち」を』を、『毎日を自分らしく楽しむ』を共通のテーマに会場を盛り上げます。ぜひご期待ください。

⑤ マーケットを牽引する特別出展エリア 西1ホール「FASHION×FOOD展」
FASHIONエリアから発信する、新しいフードライフスタイルを提案するエリアとして4回目の開催を迎えます。「食」も自分の意志で選ぶ時代。今回は、有機・無農薬・グルテンフリーなど健康と美に向けた商品や、プレゼントとしてセンスが光る商品まで、バラエティに富んだ商品が集まります。 知的好奇心旺盛なオトナ女子が、自分を磨くため、内面からの美しさを追求するため、お世話になった方への贈り物と、贈っても貰っても嬉しくなるアイテムでバイヤーの皆様をお迎えします。

⑥ 人気の“manicolle tokyo”を過去最大規模で開催!ファッションを中心とした多種多様なブランドとの新たな出会いを創出します。
若手やNEWブランド、新進気鋭のブランドなどファッションを中心に、ジャンルを問わず多彩な商品を集めた合同展示会“manicolle tokyo”を過去最大規模で開催、150ブランド以上が大集結いたします。今回は、西アトリウム会場に加え、西2ホール内にもmanicolle会場がございます。どちらの会場もお見逃しなく。

⑦ イラストレーターやデザイナーの力をプラスして新しいモノ、価値の高いモノを生み出していく商談の場「ARTIST VISION」。
現在、ギフト・消費財マーケットでは、イラスト、キャラクター、デザイン、動画を使った付加価値の高い商品が人気を集めています。そのような中で東京ギフト・ショーの「ARTIST VISION」は、イラストレーターやデザイナーの力をプラスすることによってさらに新しいもの、価値の高いものを生み出していただく商談の場として今回で20回目の開催を迎えます。「ARTIST VISION」は、イラストレーター、グラフィックデザイナー、キャラクターや雑貨のデザイナーが、来場者・出展社と商品開発やライセンスビジネスなどの商談ができる展示会です。是非、新しいビジネスや商品を創り出す場としてご活用ください。

⑧ 「アニメ・コミック&キャラクターライセンスフェア」(東2ホール)。
日本で最大規模のアニメ・キャラクター・イラスト・ゲーム・ロゴ・映像作品・アートなどのコンテンツを保有するライセンサー企業様を出展対象としたフェアです。ライセンシー募集・店舗提案・イベント提案・作品PRや販路拡大にむけて多くの商談機会を提供致します。
一方で、ライセンスを二次利用した商品を仕入れしたい流通業者とのビジネスマッチングもあります。ライセンサー・ライセンシー双方が出展し、流通業者の方々や新たにライセンシーになりたいメーカーの開発の方々との出会いの場を一度に創出できるのは、ギフト・ショーだけ!ぜひご来場ください!

⑨ 『日本商品化権協会大賞2018』受賞キャラクターが展示されます。
第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019の「アニメ・コミック&キャラクターライセンスフェア」において、一般社団法人日本商品化権協会が毎年実施している、「日本商品化権大賞2018」の受賞キャラクターが展示されます。進化を続ける“商品化権ビジネス”の優れた作品とプロモーションが一堂に展示されますので、ぜひご覧ください。

⑩ ギフト・ショー最大級!500社が参加するインテリアの一大商談会「ホームファニシング&デコラティブフェア」(東4~6ホール)。
住まいを彩り日々の暮らしを豊かにするインテリア雑貨が集まる「ホームファニシング&デコラティブフェア」、今回は前年を大幅に上回る約500社が出展、ここにしかない新たなビジネスチャンスの場を皆様にご用意いたします。

⑪ 新企画「ボタニカルライフスタイルフェア」(東6ホール)
日々の生活に花々や観葉植物を取り入れ、アロマやお香などの香りを取り入れる心地の良いライフスタイルが主流となっている今、消費者のニーズはより“ボタニカル(植物由来)”な商品にシフトする傾向にあります。そこで、長年に渡り“フラワー・グリーンギフト”と“香りのギフト”業界を牽引してきた東京ギフト・ショーは、昨今のトレンドを反映した新しい商談エリアとして『ボタニカルライフスタイルフェア』を開催いたします。
従来のフラワー・グリーンや香りの商品はもちろん、自然素材の家具やインテリア商材をお取り扱いの企業を一堂に集め、『ボタニカルライフスタイル』として打ち出し、来場者の皆様に新たな発見と出会いの機会を創出いたします。

⑫ 特別企画「IoTホームプロダクツフェア」(東6ホール)
未来の暮らし方を実現する、インテリア関連商材のための展示企画を開催いたします。 家の中にある様々な家庭製品がインターネットで繋がる、「IoT~Internet of Things~」技術により、テレビや冷蔵庫などの家電製品に留まらず、照明、カーテン、時計などハウスウェア全般においてもIoT化が進んでいます。このような背景を受け、当フェアでは、暮らしを豊かにし、ワクワクする日々を演出する、IoT技術に対応した家電、家具、カーテン、照明、インテリア雑貨などを集中展示し、来場者の皆様に新たな未来の暮らし方を提案いたします。

⑬ DISNEY EXPO JAPAN 2019 (ディズニー商品総合展示会)(東4ホール)
「衣」、「食」、「住」、「遊」…あらゆるライフスタイルのカテゴリーから、「ディズニー」、「ピクサー」、「スター・ウォーズ」、「マーベル」4ブランドの魅力を最大限に引き出した数多くの商品を一堂に集める「DISNEY EXPO JAPAN 2019」を東4ホールで開催いたします。2019年も、最新のコンテンツと連動した話題性のある商品や、大人からキッズまでを対象とした幅広い商品を展示するとともに、各ブランドの映画、テレビ番組情報や各種マーケティング情報をご紹介いたします。ぜひご期待ください。

⑭ 中小企業総合展 in Gift Show(東4ホール)
今年のテーマは「すぐれものがたり」。
独立行政法人中小企業基盤整備機構は、日本全国の中小企業が生み出した、秀逸なプロダクトが一堂に会する『中小企業総合展 in Gift Show』を今年も開催いたします。中小企業で培われた技術力が光るクラフト、インテリア雑貨、テーブルウェア、服飾雑貨、ステーショナリーなど100社の逸品が全国から集まります。“全国から100の逸品セレクション”中小企業総合展 in Gift Showにご注目ください。

⑮ 中小企業のパワーを東京から世界へ!東京ビジネスフロンティアの展開(東5ホール)
「中小企業世界発信プロジェクト 2020」の施策である「東京ビジネスフロンティア」では、中小企業が開発した創意あふれる製品・サービス20社を集め、東京インターナショナル・ギフト・ショーへの出展を通じて、販路開発を実施いたします。

⑯ それではここで、LIFE×DESIGNを含む3つの併催見本市についてもご紹介をさせていただきます。
今回で、5回目を迎える東京インターナショナル・ギフト・ショーLIFE×DESIGNは、「暮らし デザイン 新時代 Let’s discover the design of Japan!!」をテーマに、東7ホールを使用して、開催されます。
今回のLIFE×DESIGNは、第72回アクティブデザイン&クラフトフェアや、第25回伝統とモダンの日本ブランドフェアなど、東京ギフト・ショーの中でもデザイン性の高い商材や日本の技術を用いつつも現代の生活に合う商品を集めた人気カテゴリーに加え、LIFE×DESIGN目線で厳選した「北欧商材」を集めた「スタートスカンジナビア」に、サスティナブルをコンセプトにした「ビオホテルスタイル」と「エコテックスビジョン」の3つの新カテゴリーを加え、合計12のカテゴリーにて開催します。出展社数も、海外6つの国と地域の出展社も含め、450社の規模となりました。
アクティブデザイン&クラフトフェアには、「グローバルフォルムコンクリート」や「マークスインターナショナル」「能作」など従来からご出展いただいている企業に継続出展いただく他、日本ブランドフェアには、東京都や大分県、徳島県など全国各地の商材が多数出展します。さらには、ハーマンミラージャパン社がマハラムブランドを中心に、ハーマンミラーならではの世界観を魅せるブースを出展する他、前述のサスティナブルエリアには、「アディダスジャパン」や「プチバトー」などの、世界的に有名なブランドが、持続可能な社会を作るための商品やものづくりの背景を紹介します。
最後に、LIFE×DESIGNならではのイベントとして、毎回好評の声をいただいている「第4回東京ギフト・ショーLIFE×DESIGNアワード」を今回も開催。国内最大級のインテリア情報アプリとして、330万人のユーザーを抱える「Room Clip」と協力し、「Room Clip」のユーザー150名を特別審査員として招待する、特別企画も継続開催します。
インテリアを中心に、住まいづくりの決定権者である、女性や主婦に多くご来場いただくことで、消費の活性化につなげたいと考えております。

⑰ 販売促進・マーケティングの国際的な専門見本市「第59回インターナショナルプレミアム・インセンティブショー春2019」は、東京ビッグサイト西3・4ホールでの開催となります。
今回の開催テーマは、「未来の販促・広告・集客・マーケティングを大公開」です。今後日本で予定されているさまざまなイベントや時代変化に合わせ、新たな販促戦略が求められており、この機会を利用し、顧客満足度の向上や新規顧客獲得へのアプローチを考えられている企業が多く見受けられます。さらに消費者の行動意欲を高め、売り上げに直結する手法も重要視されています。このように変化が激しい時代を控えている中、より多くの課題を解決できる新たな商材が求められ、開発もされています。
そこで、プレミアム・インセンティブショーでは、「未来の販促・広告・集客・マーケティングを大公開」をテーマに掲げ、集客・販売を支援する多彩なSP企画やツール、最先端の印刷技術、多くのPOP関連商材など、最新のSP関連商材を展示いたします。 また日本プロモーション企画コンテストにてプロモーションの成功事例を発表、専門家によるセミナーなどを通じて、その課題を解決するヒントが必ず得られます。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

⑱ 第25回グルメ&ダイニングスタイルショー春2019は、『地方創生、新時代。地域から人へ、そしてコトへ。』をテーマに装いを新たに盛大に開催します。
春の開催では、市町村単位の地域の「食」「特産品」「観光商品」が出品され、毎回好評となる「ニッポンいいもの再発見!」コーナー(主催:全国商工会連合会)、「feel NIPPON 春2019」(主催:日本商工会議所)をはじめ、農業× 食× デザインをコンセプトとした「FARMSTEAD EXPO」、おコメの魅力を眠らせない。をテーマに「ごはんフェスProfessional」も本開催する他、ライフスタイル志向・質販マーケットを創造し得る、充実したコンテンツで開催いたします ストーリー性溢れる地域資源と商品の魅力、これからの地域の在り方を含め、懐の深い出展社構成による開催です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

⑲ ギフト・ショー事務局では、ビジネスマッチングにも力を入れております。
『ビジネスマッチング in Gift Show』は、バイヤー様にギフト・ショー会場内に特設ブースを構えて頂き、新たな販路開拓を望む出展社の皆様が、希望するバイヤー様に自社商品を売り込める商談企画です。出展社様は応募の際、「仕入・購入」、「共同開発」「販路支援」などの目的に応じて、各バイヤー様をお選びいただきます。 出展社様とバイヤーの皆様の新たなビジネス創出の場として『ビジネスマッチング in Gift Show』は過去19回の開催で5,792件に及ぶ商談数を記録しました。今回は合計65バイヤーが参加いたします。日本経済を盛り上げ、活気あふれるマーケットを創造するために本企画を開催いたします。

⑳ ギフト・ショー事務局では、前回(2018年9月)初開催し、好評を頂いた、「ギフト・ショーTV(ギフト・ショー会場でのライブ配信)」を今回も実施いたします。
ご来場の皆様は、西展示棟1Fアトリウムの特設スタジオや、会場内各所に設置してあるモニター、アプリ、HPでライブ配信をご覧いただけます。 また、開会式やイベントなどギフト・ショーの注目ポイントや、会場案内、交通アクセスなどギフト・ショー各種サービスのご案内も放映いたします。

㉑ご来場の皆様にご利用いただいております、無料送迎バス「ギフト・ショーシャトル」ですが、前回、東京ビッグサイト発東京駅(鍛冶橋駐車場)行きの運行ルートが変更となりました。
東京ビッグサイト発東京駅(鍛冶橋駐車場)行きの運行ルートが変更となり、月島駅での途中下車も可能になりました。
そして、「ENJOY TOKYO! VOL2」として、月島もんじゃ振興会協同組合とのタイアップが今回も決定。日本全国、世界各国の来場者、出展社のみなさまに、ギフト・ショーでの商談だけでなく東京の魅力を満喫して頂くために、国内外の観光客から人気の高い月島もんじゃの『特別ご優待企画』を実施することとなりました。ギフト・ショー事務局で運行している東京ビッグサイトと東京駅を結ぶ無料のシャトルバスで月島までご案内(途中下車)。シャトルバスに乗車し、月島もんじゃにお立ち寄り頂くみなさまに『月島もんじゃMAP』と『500円のお食事券』をもれなく差し上げます。ビッグサイトでの商談の後は、月島でもんじゃをお楽しみ下さい。

色々お話ししてまいりましたが、本日お集まりの記者の皆様、この記者発表会での内容を踏まえ、是非東京ギフト・ショーへの来場者誘致につながるよう、事前記事の掲載を心よりお願いいたします。皆様のお力を借りつつ、一緒にこの東京ギフト・ショーを盛り上げていくことができれば大変嬉しいです。

それでは皆様、これからますます寒い日が続きますが、体調を崩されることのございませんよう、会場で元気にお会いしましょう。
本日は、誠にありがとうございました。

平成30年12月25日
株式会社ビジネスガイド社
代表取締役社長 芳賀信享

SHOW OUTLINE

名称
日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019
暮らし デザイン 新時代
東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019
第5回LIFE×DESIGN
会期 2019年2月12日(火)~2月15日(金)
開催時間 2月12日~14日 10:00AM~6:00PM
2月15日 10:00AM~4:00PM
同時開催 第25回グルメ&ダイニングスタイルショー春2019
第59回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー春2019
会場 東京ビッグサイト
全館
主催 株式会社ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
〒111-0034 東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
TEL:03-3843-9851(直) FAX:03-3843-9850
E-MAIL:n-haga@giftshow.co.jp
入場対象者 パーソナルギフトマーケットに携わる国内外の流通関係者
入場 無料(事前登録制)
出展企業見込み 4,000社(同時開催展含む)
後援 国際機関日本アセアンセンター/アメリカ大使館商務部/駐日英国大使館 国際通商部/イタリア大使館貿易促進部/スペイン大使館経済商務部/大韓民国大使館/中華人民共和国駐日本国大使館/デンマーク大使館/ドイツ連邦共和国大使館/在日ドイツ商工会議所/在日フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス/ポルトガル投資・貿易振興庁/(一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)/日本貿易振興機構(ジェトロ)/日本百貨店協会/日本チェーンストア協会/日本小売業協会/全国商工会連合会/日本商工会議所/東京商工会議所/(公財)日本デザイン振興会/(公社)インテリア産業協会/(公社)日本通信販売協会/(一社)日本動画協会/(一社)日本商品化権協会/(一社)コンテンツ海外流通促進機構/(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会/(一社)ジャパンショッピングツーリズム協会/(一社)日本専門店協会/(一財)ニッセンケン品質評価センター/(一社)日本商環境デザイン協会/(一社)日本オフィス家具協会/(株)東京ビッグサイト/Monthly Gift Premium(予定含む)
協賛 (公社)日本インテリアデザイナー協会/(公社)日本ジュエリーデザイナー協会/(公社)日本アロマ環境協会/(公社)日本クラフトデザイン協会/(公社)日本パッケージデザイン協会/(一社)日本空間デザイン協会/(公社)日本グラフィックデザイナー協会/(公社)日本インダストリアルデザイナー協会/(公社)日本サインデザイン協会/(一財)日本ファッション協会/(一社)日本住宅リフォーム産業協会/(一社)日本テキスタイルデザイン協会/(一社)リノベーション協議会(予定含む)
出展内容

●出展社
出展企業は、全体で4,000社(同時開催展含む)。いずれも消費財関連業界の国内のメーカー・輸入商社・欧米メーカーです。生活者のライフスタイルに対応する新製品を主体に展示。その豊富さ、多彩さ、ユニークさでは、他のどんな見本市の追随も許しません。市場と流通をリードする最も実質的なトレードショー(業者専門見本市)ということができます。

アクティブデザイン&ハイクオリティグッズ、ホームファニシング&デコラティブ、フラワーグリーン・園芸用品、アート、ファンシー&ホビー、ステーショナリー、ウォッチ&クロック、おしゃれ雑貨、アクセサリー、コスメティック・ビューティ(美容用品)・香りの商品、テーブルウェア、布製品、アパレルファッ ション、パーティー&ラッピンググッズ、キッチンウェア&ユーテンシル、カットラリー&ツール、フロア&バスまわり、 ペットグッズ、メモリアル&ブライダルグッズ、アウトドア用品、スポーツ&プレイング・グッズ(遊戯グッズ)、コレクターズアイテム、IT関連&エンターテインメントグッズ、欧米インポートグッズ、ベビー&キッズギフト、キャラクター・デザイン、ミュージアムグッズ、観光物産品、福祉・介護用品、防災・非常用品、小売店向け販売支援・経営支援関連商品その他ハイクオリティ・ギフトアイテム。(食品は除きます)