出展メリット
~選ばれる6つの理由~

東京ギフト・ショーが選ばれる
6つの理由

日本最大級の生活雑貨国際見本市

日本最大のトレードショーである東京インターナショナル・ギフト・ショーは、専門性の高い8つのカテゴリーと約50の出展フェアで構成されており、生活に彩りを添える「衣・食・住・遊」の様々な新製品が一堂に会します。

写真1
写真2

約50年に渡る
実績・圧倒的なブランド力

業界の先駆者、牽引役として新たな市場を創造します

1971年に「月刊ぎふと」を創刊し、約50年の歴史を作り、ギフトビジネスのパイオニアとしての地位を確立。1976年に第1回のギフト・ショーを開催して以来、業界の牽引役である。「日本人の贈り物を贈るギフトの心」を出版や見本市を通じて国内外で広めてまいりました。常に、時代の半歩先を見据え、市場創りの先兵としてマーケット情報を適時に発信。流通業者が求める新製品や新たな市場を創造し続けてきました。「LIFE×DESIGN」や「伝統とモダンの日本ブランド」「アクティブデザイン&クラフトフェア」など、ギフト・ショーはこれからも新しいマーケットを創りあげていきます。

写真3
写真4

大きな実取引が期待できる
商談重視のトレードショー

ギフト・ショーは業界関係者のためのトレードショーで、一般の方の入場はお断りしております。毎回20万人の来場者が動員され、すべてが商談目的に来場するバイヤー(仕入責任者)やグッズ製作、OEM、催事、商品化などの担当責任者です。

他見本市では成し得ない、
業種の垣根を越えた新しい商談の場を提供

ギフト・ショーには、各界のショップ、百貨店、専門店、卸売業者など20万人のバイヤーが全国規模で大動員されます。出展社にとって既存のお客様との商談だけでなく、初顔合せの仕入責任者も多く来場します。新しい販路の開拓、業界の垣根を越えた新しい業態店の提案には最適です。また、東京を中心とした関東圏のバイヤーはもちろん、国内外のバイヤーも年2回のギフト・ショーを商品仕入れのチャンスとして年間スケジュールに組み込み、必ず来場しています。

写真5
写真6

約50年の開催の歴史と
最新の来場動員計画

  • 国内外の流通バイヤーへ100万通の招待状を発送
  • 新聞・雑誌・webに広報活動を行う
  • 会員の流通バイヤーへメールマガジンを配信
  • VIP会員の特別招待制度の充実(専門受付・ラウンジなど)
  • 出展社・商品情報検索サイト、会場案内、ガイドブック(ebookも含む)、オフィシャルホームページなどのオンライン化の取り組み
  • SNSやギフト・ショーアプリによる情報発信
  • 国内・海外バイヤーを招待し、ビジネスマッチングを行う
  • QRコードを利用した非接触型来場の受付を行う
  • 新たにオンラインとオフラインのハイブリット型の見本市を行う

東京ビッグサイト西・南展示棟と青海展示棟の間を結ぶ会場巡回バスの運行

会場巡回バスを3分〜5分間隔で運行。