会期:2022年 9月 7日(水)~ 9日(金)
会場:東京ビッグサイト

日常の喧騒から解放され、自身と対話しながら汗を流し、リフレッシュできるサウナ。からだとココロをととのえ、明日への活力を生み出してくれます。そんな「サウナを、もっと身近に」をテーマに、サウナやサウナグッズを集中展示いたします。

「サウナ導入」「サウナグッズの受注」「サウナイベントの開催」の商談ができると大好評の本企画。第2回サウナフェアでは出展可能枠を拡大し、より多くのメーカー様に販路開拓の機会をご提供いたします。消費者にとって身近な実店舗や施設に拡販することで、サウナブームを加速させます。

サウナフェアとは?

サウナ設備とサウナグッズを取り扱う企業が一堂に出展し、全国小売店や温浴・アウトドア施設、工務店・住宅メーカーなど、様々な業種の来場者と商談できる展示会です。消費者にとって身近な実店舗や施設に拡販することで、サウナブームを加速させます。
日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市(※1)「東京ギフト・ショー秋2022 第12回LIFE×DESIGN」内で開催。貴社のビジネス拡大のために、ぜひご出展ください。

※1 前回(2022年2月8日~10日開催)実績・・・2,164社出展、144,923人来場

出展検討用の資料を請求する

前回開催の様子


  • totonoü 様
    オリエンタルラジオ・藤森氏も来場

  • フィンランド大使館様

  • METOS様

  • サムライサウナ様

  • Sotoburo様

  • 会場風景

サウナフェア 4つの特長

  1. 全国ショップや施設へ売り込める!
    ライトな層にもサウナを普及させることができます

    月1回以上サウナ浴をする日本の人口は、2020年時点で993.2万人。年1回以上のサウナ人口を含めると2761.3万人で、前年より47.3万人増加しました。※2
    コロナ禍でさらに加速したサウナブーム。人気のサウナ施設は混雑し、入場制限が行われるほどに。施設関係者やバイヤーが17万人来場するギフト・ショーLIFE×DESIGNにて、サウナ関連商材をPRすることにより、コアなサウナ―(サウナ愛好家)だけでなく、ライトな層にもサウナの魅力を伝えるチャンスを創出します。

    ※2 日本サウナ総研調べ

  2. グランピング&アウトドアエリアに隣接。
    アウトドアを切り口にサウナを提案できます

    今、来場者に一番人気のグランピング&アウトドアエリア。サウナフェアは、同エリアに隣接して開催します。温浴施設や全国小売店はもちろん、アウトドア施設・専門店の来場者にもPRできます。
  3. 開放的なブース仕様。コンセプトやブランドを演出できます
    グランピング・キャンプ施設、自然との調和をイメージした開放的なブースを事務局がご用意。人気のサウナ小屋や大型のテントサウナまで、従来の展示会ブースでは表現できない商品や使用シーンを演出することができます。
  4. 豪華セミナーやメディアを通じた集客で、多数来場者と商談できます

前回開催実績

事前ウェビナー

写真

【銭湯×ライフスタイル】
斜陽産業をチャンスに変える、小杉湯流・銭湯のある暮らしの提案

株式会社小杉湯 代表取締役
平松 佑介


写真

サウナで集客に成功するには?広告代理店を辞め、銭湯で働くガースー氏に聞く!

株式会社SUNDAY FUNDAY 代表取締役
菅原 理之


写真

【サウナ×ビジネス】
異業種がつながり、サウナを起点にビジネスシーンを“ととのえる”

JAPAN SAUNA-BU ALLIANCE 共同代表/日本航空株式会社 Web販売部 アシスタントマネジャー 岡本 昂之

JAPAN SAUNA-BU ALLIANCE 共同代表/コクヨ株式会社 取締役室 一級建築士 川田 直樹

会期中セミナー

写真

サウナを文化からビジネスへ~フィンランドの多様なサウナの楽しみ方の事例から~

2月10日(木)11:00-12:00
フィンランド大使館商務部 商務官
ファッション・ライフスタイル担当 ラウラ・コピロウ氏

協賛

来場特典!イオンウォータープレゼント

来場特典!会期後はイオンウォーターを持ってサウナへGO!
各日数量限定でプレゼント

サウナがもたらす効果・ビジネスチャンス

開催概要

名称:
第2回サウナフェア
(東京ギフト・ショー秋2022 第12回LIFE×DESIGN内で開催)
会期:
2022年9月7日(水)~9日(金)10:00~18:00
(最終日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト

事前来場登録